NEW

JRA「取捨難解」ブラストワンピース今回は? 札幌記念(G2)で凱旋門賞挑戦に弾みつける?

【この記事のキーワード】, ,

JRA「取捨難解」ブラストワンピース今回は? 札幌記念(G2)で凱旋門賞挑戦に弾みつける?の画像1

 18日に開催される札幌記念(G2、芝2000メートル)に有馬記念馬ブラストワンピース(牡4歳、美浦・大竹正博厩舎)が出走する。ここを快勝して堂々と凱旋門賞(G1、芝2400メートル)に向かえるのだろうか。

 3歳クラシックにおけるブラストワンピースは日本ダービー(G1、芝2400メートル)が2番人気で5着、菊花賞(G1、芝3000メートル)が1番人気で4着と、人気以下の着順に甘んじてしまった。単に人気先行型の馬にすぎなかったのだろうか。日本ダービーのレース振りを見れば、そうではないことがよくわかる。

 直線に入るとブラストワンピースが4、5番手、その直後にワグネリアンがいた。ワグネリアンの鞍上福永祐一騎手はブラストワンピースの手応えがいいと見るや、外からブラストワンピースに蓋をした。ブラストワンピースは内に進路を求めるも開かないため、今度は外目に持ち出したものの万事休す。5着が精一杯だった。

 ブラストワンピースは日本ダービーにおいて、能力的にはワグネリアンと同等のレースをしたと言える。だからこそ菊花賞では1番人気に支持された。結果は4着だったが、外をぶん回す強引なレースが響いたのが、あるいは3000メートルという距離が合わなかったのかもしれない。

 そして、続く有馬記念(G1、芝2500メートル)ではレイデオロやシュヴァルグラン、キセキなどの強豪を相手に、4角手前から積極的に動いて先頭でゴール。3歳クラシックを勝てなかった鬱憤を晴らした。ブラストワンピースには前途洋々たる未来が開けているように見えた。

 ところが4歳になった今年、大阪杯(G1、芝2000メートル)で6着、目黒記念(G2、芝2500メートル)で8着とまったく結果を出せていない。大阪杯はスローな流れの前残りレースで、リズムに乗れなかったとも言える。目黒記念は軽い高速馬場だったためトップハンデ59キロがこたえたとも言える。どちらも敗因を指摘できるとはいえ、大目標を凱旋門賞に置く馬としては不満が残った。

 しかし、大レースを勝った馬だからといって、常に好走を求めるのはいささか酷ではないだろうか。競走馬はどんなレースにも万全の状態で出走できるわけではないし、得意な条件や苦手な条件もあるからだ。たとえば、レイデオロは昨年と同様に今年のドバイシーマクラシック(G1、芝2410メートル)でも凡走してしまった。ナイター競馬が得意ではないという説もある。

JRA「取捨難解」ブラストワンピース今回は? 札幌記念(G2)で凱旋門賞挑戦に弾みつける?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊のイメージを「完全払拭」したキタサンブラック、最強候補イクイノックスも証明した「キャラ変」の決定打とは
  2. JRA「異常事態」の戦犯はC.ルメール!? 波乱続きの今年の重賞戦線、実はとんでもない「裏切り」記録が継続中だった
  3. JRA C.ルメールと横山武史が「バチバチ」の潰し合い! 真打ち登場に揺れる砂上の楼閣、首位陥落は時間の問題か
  4. JRAファンから「ルール改正」望む声も噴出した不運、「4度目の正直」で念願叶った実力馬とは
  5. JRA 関東リーディングのトップ5で「一家独占」が発生!? 同姓ゆえ起こったファンの思わぬ「勘違い」とは
  6. JRA「6馬身差」レコード勝ちはイクイノックス以上!? 「知らなきゃ損」の密かな出世レースに超大物候補が満を持して登場!
  7. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」
  8. JRA「僕のお気に入り」武豊が惚れ込んだ怪物が古馬になって本領発揮!? 復帰初戦はレジェンドの「相馬眼」にかけて負けられない戦いか
  9. JRA「枠入り不良&玉砕暴走」にファンから大ブーイング!? シルクロードS(G3)天敵の引退で追い風吹く「お騒がせ馬」に注目!
  10. JRA 1年で一番面白いレースは根岸S(G3)!? フジテレビ名物実況・青嶋アナの「神実況」と競馬大好き人気芸人も愛した「鬼脚」牝馬