NEW

JRA藤田菜七子「米遠征なし」コパノキッキング連続敗戦も影響?敗因は…

【この記事のキーワード】, ,

JRA藤田菜七子「米遠征なし」コパノキッキング連続敗戦も影響?敗因は…の画像1

 クラスターC(G3)で3着に終わったコパノキッキング(セン4歳、栗東・村山明厩舎)。同馬が参戦も視野に入れていたブリーダーズCスプリント(米G1)を見送ると「スポーツ報知」が報じた。次走は藤田菜七子騎手とともに、10月2日に大井競馬場で開催される東京盃(G2)を予定しているという。

 菜七子騎手とコパノキッキングは、今年のフェブラリーS(G1)からコンビを結成。初戦を5着で終えると、続く東京スプリント競走(G3)では2着。そしてコンビ3戦目となるクラスターCの結果次第では、米国G1挑戦もあると報じられていた。

 コパノキッキングは好スタートですんなり2番手につけ、武豊騎手のヒロシゲゴールドをピッタリとマークして進む。だが最後の直線を迎えて、そこから伸びるかと思いきや不発。勝負は逃げたヒロシゲゴールドと外から強襲した岩田康誠騎手のヤマニンアンプリメの叩き合いに。それを見事に制したヤマニンアンプリメが勝利。コパノキッキングは3着に終わっている。

 レース後、菜七子騎手は「ゲートを出たら前に行こうと思っていた」といい、「良い位置には付けれたのかな」とスタートを振り返る。道中でも前の馬をしっかりマークし、「4コーナーの手応えからはもうひと伸びするかな」という感触があったものの、「思ったより伸びなかった。ちょっと分からないです」と首をひねった。

「2走前の東京スプリント競走は痛恨の『出遅れ』で2着。今回は前が有利だと言われる盛岡競馬場で、すんなりとゲートを出て先行できたためチャンスはあったと思います。ただ最後の直線では、岩田騎手が絶妙のタイミングで外から被せて、コパノキッキングの進路を少しふさいでいるようにも見えました。この影響もあり、伸びを欠いたのかもしれません」(競馬誌ライター)

 クラスターCを3着で終え、今秋の米国遠征が回避となった菜七子騎手×コパノキッキング。今後は、東京盃に向かい、勝利を狙う。

「東京盃は、東京スプリントでコパノキッキングが敗れたキタサンミカヅキが連覇中。おそらく3連覇を狙うべく出走してくるでしょうから、菜七子騎手×コパノキッキングにとっては絶好のリベンジの場となりそうです。

 次も菜七子騎手にとっては重賞初制覇が懸かっています。今春から惜敗が続き、さらに米国遠征が回避となったので、いろいろとフラストレーションも溜まっているはず。次走こそはそれらを晴らすかのような気合いの入った騎乗で、栄光を掴み取ってもらいたいですね」(競馬記者)

 菜七子騎手は重賞初勝利をコパノキッキングであげることができるのだろうか? 次こそ、期待したい。

JRA藤田菜七子「米遠征なし」コパノキッキング連続敗戦も影響?敗因は…のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  9. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?