NEW

JRA西村淳也「裏切り」フリー転身!? 礼儀を尽くさず服装もド派手で将来に暗雲か

【この記事のキーワード】, ,

JRA西村淳也「裏切り」フリー転身!? 礼儀を尽くさず服装もド派手で将来に暗雲かの画像1

 昨年は13勝だったものの、現在では41勝をあげて“プチブレイク”を果たしている西村淳也騎手。飛ぶ鳥を落とす勢いを見せているが、その彼の周囲がにわかに騒がしいことになっているという。栗東関係者の話。

「西村淳騎手は田所秀孝厩舎に所属していましたが、今月13日にフリーになったとJRAから発表されました。ところがこの一件は田所調教師にとって寝耳に水。西村淳騎手は事前に田所調教師に何の相談もなく、突然、『フリーになります』と言って出て行ったのだとか。あまりにも唐突すぎたので、理由を聞くことすらもできなかったみたいですよ。最近は服装も派手になってきていましたし、厩舎スタッフも『今の若い子はこうなのか』と呆れ気味でした」(栗東関係者)

 当初は減量のある平場での活躍が目立った西村淳騎手だが、最近では特別戦を勝利するなど、減量が利かないレースでも結果を残していた。このことも自信につながり、フリー転向を決断したのかもしれない。

 しかし、当然ながら、この西村淳騎手の行動に眉をひそめる関係者は多い。

「勢いがあるのはわかりますが、西村淳騎手はまだ2年目で重賞勝ちもない若手。フリーになったという一報を聞いた記者たちからは、『自惚れているな』『これから成績が落ちるぞ』などと散々な言われようでしたよ。

 これは関西の若手騎手が勘違いする典型的なパターンなんです。多くの若手騎手は2年目にグンと成績が伸びます。ただそれは自分の実力ではなく、馬の力や減量恩恵の影響が大きいんですよ。また関西は『とりあえず3キロ減があるし、どんなものか乗せてみよう』という気質がありますからね。でもそこで結果を残しても、今後も継続して騎乗依頼が来ることはあまりないんです。調教師からすれば、新人騎手だから乗せているだけで、是が非でもその人にお願いしたいというわけではないですから」(競馬記者)

 少し前なら高倉稜騎手や川須栄彦騎手、最近では荻野極騎手などが2年目にプチブレイクし、その後一転して成績を落としている。西村淳騎手も彼らと同じ目にあうのではないか不安視されるのは当然だ。

「また西村淳騎手の好成績は、彼の腕や関西の調教師たちの気質だけではなく、ノーザンファームしがらきのバックアップがあってこそです。しかし先日、通算50勝を超えて減量が1キロになりましたし、これまでと同じように勝利をあげることができるかは疑問がのこるところ。もし、勢いに陰りが出たならば、北海道で力をつけている団野大成騎手など他の減量騎手に依頼が回るでしょうね」(競馬関係者)

 昨年、川又賢治騎手もノーザンファームからのバックアップを受けて大きく勝ち星を伸ばした。だが通算50勝に到達し、負担重量が1キロ減になってからは勢いがストップ。他の騎手にノーザンファームの有力馬が流れ、成績が低迷の一途をたどっている。

「関西は埋もれたら再浮上の芽はないと考えていい。それほど騎手の層が厚いんだ。川又騎手も美浦への移籍も視野に入れていると言われているからね。西村淳騎手は育ててもらった田村調教師に後ろ足で砂をかけるようなこともしているし、もう一度頼ることは難しい。これから今まで以上に、彼の騎手としての腕が本物なのか否かが問われるだろうね」(競馬関係者)

 西村淳騎手の今後やいかに!?

JRA西村淳也「裏切り」フリー転身!? 礼儀を尽くさず服装もド派手で将来に暗雲かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊の「新人最多勝」超えで慢心!? デビュー年の勝利数を超えるまで11年の遠回り、元天才騎手の「身から出た錆」発言
  2. JRA C.ルメール“国外逃亡”で責任回避!? 元ダービー馬候補「有言実行」懸かる背水の陣、大役任されたのは「鬼タックル」食らった因縁の相手
  3. JRA大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?単勝1.4倍「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖「悲願」のリーディング獲得へ急ブレーキ
  4. JRA川田将雅でも武豊でもない、復活の立役者はあの男!? 昨年「12位」→今年「断トツ1位」大記録失った名門厩舎が驚異の大逆襲!?
  5. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  6. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  7. JRA今村聖奈「一発回答」に岩田望来が赤っ恥!? グループ内での「序列低下」も現実味……エージェント同一も「重賞97連敗」の体たらく
  8. JRAスミヨン、デムーロ、ルメールが「格の違い」を証明…クビになった中堅騎手が味わった屈辱、あの名牝の全弟がデビュー
  9. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  10. JRA岩田康誠「騎手が下手くそ」格下相手の惜敗に自虐節!? 七夕賞(G3)武豊がG1馬に導いた逸材が復活の兆しを示した分岐点