NEW

JRA武豊「蚊帳の外」大敗で、秋G1開幕戦に“大荒れ”の予感!? 電撃初参戦「マイル王」グランアレグリア、ステルヴィオに不安の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA武豊「蚊帳の外」大敗で、秋G1開幕戦に大荒れの予感!? 電撃初参戦「マイル王」グランアレグリア、ステルヴィオに不安の声の画像1

完全に蚊帳の外のまま終わってしまった。

18日、小倉競馬場で北九州記念(G3)が行われ、4番人気に推されたファンタジスト(牡3歳、栗東・梅田智之厩舎)は14着に大敗……。スタートで後手を踏むと、終始後方から見せ場なく終戦した。

「スタートが悪く、久々の1200mで流れに乗れませんでした」

レース後、主戦の武豊騎手がそうコメントした通り、最後方から、ほとんどレースに参加できずに終わったファンタジスト。

昨夏に1200mのデビュー戦で、後に5連勝し、このレースでも2着したディアンドルに競り勝ち、小倉2歳S(G3)も連勝した世代屈指のスプリント適性を買われた格好だが、約1年ぶりのスプリント戦の影響が大きく出た印象だ。

「スタートでやや出負けしたことも痛かったですが、それ以上にダッシュの差で、完全において行かれましたね。やはり2000mの皐月賞(G1)を始め、長くマイル以上の距離を使われていた影響が大きく出たと思います。

武豊騎手の『この距離が合っているし、次はよくなる』というコメント通り、2度目で変わってくるかもしれませんが、改めてスプリント戦への対応の難しさが浮き彫りになった印象です」(競馬記者)

そんなファンタジストは今後、秋のスプリント王決定戦のスプリンターズS(G1)に駒を進める。だが、今年のスプリンターズSには、今回のファンタジストと同じような不安を抱える有力馬が複数いるという。

JRA武豊「蚊帳の外」大敗で、秋G1開幕戦に“大荒れ”の予感!? 電撃初参戦「マイル王」グランアレグリア、ステルヴィオに不安の声のページです。GJは、競馬、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!