GJ > 競馬 > 「マイル王」に不安の声  > 2ページ目
NEW

JRA武豊「蚊帳の外」大敗で、秋G1開幕戦に“大荒れ”の予感!? 電撃初参戦「マイル王」グランアレグリア、ステルヴィオに不安の声

JRA武豊「蚊帳の外」大敗で、秋G1開幕戦に“大荒れ”の予感!? 電撃初参戦「マイル王」グランアレグリア、ステルヴィオに不安の声の画像1

「昨年のマイルCS(G1)を勝ったステルヴィオと、今年の桜花賞(G1)を勝ったグランアレグリアですね。どちらもすでにぶっつけでのG1挑戦が発表されており、スプリンターズSで初のスプリント戦になる予定です」(別の記者)

馬は頭のいい生き物で、以前のレースを覚えているという。

今回のファンタジストにしても、前走のNHKマイルC(G1)の最初600mは33.9秒。今回がハイペースだったこともあって32.7秒。短距離戦でペースが1.2秒も違えば、それはもう別次元のレースだ。武豊騎手も道中から何度も相棒を促していたが、流れに乗れなかったのも無理はない。上がり3ハロンでメンバー3位の脚を使えていることからも、今回が単なる力負けでないことは明らかだ。

「春の高松宮記念(G1)では芝1200m初経験だったミスターメロディが勝ちましたが、ダート1200mの経験がありましたし、何より1400mの重賞で勝ち負けしていた馬。それと比較してもステルヴィオ、グランアレグリアともに1400mの経験すらありません。

中でも不安が大きいのはステルヴィオですね。もともとスタートに不安があって、中団から後方で競馬する馬。スタートから遅れるようなら、今回のファンタジストの二の舞になってもおかしくないと思います。

グランアレグリアはマイル戦なら好位から競馬できるダッシュ力がありますが、最初の600mが33.9秒とペースが上がった前走のNHKマイルC(G1)では、本来の番手の競馬ができずに敗戦しています。例年のスプリンターズSは前半33秒台で推移していますし、不安は決して小さくないと思いますね」(同)

グランアレグリアを管理する藤沢和雄調教師は「スピードのある馬だから、短いところでということになりました」と話しているが、この2頭は“使い分け”が盛んなサンデーレーシングの所属馬。馬ではなく、人の都合、ということもあり得ない話ではない。

果たして、マイル王がスプリント戦の洗礼を浴びることになるのか、それとも常識を覆す走りを見せてくれるのか。秋G1開幕戦は、例年以上に興味深いレースになりそうだ。

JRA武豊「蚊帳の外」大敗で、秋G1開幕戦に“大荒れ”の予感!? 電撃初参戦「マイル王」グランアレグリア、ステルヴィオに不安の声のページです。GJは、競馬、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!