NEW

JRA「外国人重賞制覇」は? WASJ3人が跨る馬とその可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月25日に札幌競馬場で行われるキーンランドC(G3、芝1200メートル)。今年も同競馬場でワールドオールスタージョッキーズが開催されることもあり、そちらに出場する騎手たちが複数人参戦を予定している。今回は、参加する海外の名手たちとそれぞれが騎乗する馬たちを紹介していこう。

 まずアイビスサマーダッシュ(G3、芝1000メートル)を優勝したライオンボス(牡4歳、美浦・和田正一郎厩舎)に騎乗するジュリアン・ルパルー騎手。

 ルパルー騎手は、フランス出身。今年、米遠征を行なったマスターフェンサーに騎乗し、ケンタッキーダービー(G1)6着、ベルモントS(G1)5着と健闘したこともあり、名前を覚えているいう人もいるだろう。

 03年にエクササイズライダーとしてアメリカに渡ったルパルー騎手は、その2年後にフランス出身でアメリカで開業していたパトリック・ビアンコーヌ調教師(オールアロング、サガスで凱旋門賞連覇)に騎手としての才能を見出され、デビューを果たす。

 その翌年にはゴレラでビバリーD.S(GI)の優勝を含む通算403勝をあげ、北米の最多勝騎手に輝いた。そして2009年にはシービーワイルドでBCジュベナイルフィリーズ、ファーゼストランドでBCダートマイルなどG1競走9勝を上げ米最優秀騎手の称号も獲得した。

 また近年も2016年にはクラシックエンパイアでBCジュベナイル(G1)に勝利、さらにテピンでは英ロイヤルアスコット開催のクイーンアンS(G1)も制するなど、活躍を続けている。

 そのルパルー騎手が騎乗するのはライオンボス。新潟競馬場の1000メートル戦で3戦3勝し、千直巧者として名を売った。

 同馬はデビューからダートで使われ、スプリント戦参戦は芝転向初戦の1度のみ。その時は16頭立ての16着に終わっているが、好スタートは見せていた。得意の距離から200メートル延長するスプリント戦で、ライオンボスは躍動できるのだろうか? ルパルー騎手の手腕に期待したい。

JRA「外国人重賞制覇」は? WASJ3人が跨る馬とその可能性のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!