GJ > 競馬 > 外国人騎手重賞制覇も!?  > 2ページ目
NEW

JRA「外国人重賞制覇」は? WASJ3人が跨る馬とその可能性

 女性騎手リサ・オールプレスは、ダイメイフジ(牡5歳、栗東・森田直行厩舎)で参戦を予定している。

 オールプレス騎手は2002年に初来日し、さらに15、16年は2年連続短期免許で騎乗した。15年には6勝をあげ、さらに新潟大賞典(G3)で13番人気だったナカヤマナイトで2着に入り、波乱の立役者となるなど活躍した。

 オールプレス騎手は、1996年に20歳でリサ・マンビー(旧姓)としてデビュー。3月に初勝利をあげ、その後も順調に乗鞍を増やし、2000~01年シーズンには84勝をあげてニュージーランド・リーディング3位に入った。

 その翌年にカール・オールプレス調教師と結婚。2度の出産、育児も経験しながらも騎乗を続け、11年~12年シーズンには159勝を記録し、初リーディングのタイトルを獲得。その後、15~16年(G1競走3勝を含む、キャリアハイの171勝)、18~19年シーズンと3度のリーディングに輝いている。

 その名女性騎手が騎乗するダイメイフジ。これまでマイル以下の距離を走って30戦6勝。そして1200メートルでは【3.2.3.6】という成績を記録している。

 今年は勝利こそないものの、オーシャンS(G3)で7番人気ながら3着、前走のUHB賞(OP)でも5番人気ながら粘って3着と馬券圏内に入る好走を見せた。侮ると怖い存在だ。

 ダイメイフジは20日に函館Wコースで最終追いを行い、単走で外ラチ沿いを回り、ほぼ馬なりで5F70秒1、ラスト13秒2を記録。時計は出ていないものの、管理する森田調教師は「指示通りやね」と満足気。

 オールプレス騎手はダイメイフジを上位に導くことができるか。

 

 ペイシャフェリシタ(牝6歳、美浦・高木登厩舎)には、カリス・ティータン騎手が騎乗する。

 ティータン騎手は2006年に南アフリカの騎手免許を取得。3年後に見習騎手を卒業すると、その後南アフリカで年間100勝以上をあげるなど活躍した。13年8月に香港ジョッキークラブに移籍。初参加ながら50勝をあげてリーディング4位に入ると、その後もリーディング争いの常連となっている。昨年は日本からファインニードルが参戦した香港スプリント(G1)を、ミスタースタニングで勝利したことも記憶に新しい。

 日本には2度、短期免許で来日しているが、目覚しい実績は残せていない。そろそろ結果を出したいところだろう。

 コンビを組むペイシャフェリシタは昨年、好位で進むと最後の直線で内をついて、9番人気ながら3着に入り、波乱を巻き起こしている。

 今年に入ってからスプリント戦に5度出走するもまだ馬券圏内はなし。中垣助手は「集中力を高めるためにチークピーシズを着ける」と話すが、これが幸と出るか。

 海外の名騎手たちはどのような騎乗を見せてくれるのだろうか? キーンランドCは25日15時35分に発走を予定している。

JRA「外国人重賞制覇」は? WASJ3人が跨る馬とその可能性のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!