NEW

JRA武豊27年ぶり WASJ優勝へ「チーム・キタサンブラック」再び!? 過去4年で準優勝3回の“鬼門”突破に「今年こそ、優勝しないと」

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA武豊27年ぶり WASJ優勝へ「チーム・キタサンブラック」再び!? 過去4年で準優勝3回の鬼門突破に「今年こそ、優勝しないと」の画像1

 今回こそ決める。今週末24、25日、札幌競馬場で行われるワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)の騎乗馬が決定し、2度目の優勝を狙う武豊騎手が改めて優勝へ強い意欲を語った。

「今年こそ、優勝しないとね」

 これまでありとあらゆるタイトルを総なめにしてきた武豊騎手だが、何故は「ジョッキーの祭典」には、あと一歩のところで嫌われ続けている印象だ。

 前回優勝したのは27年前の1992年。競馬ファンにとってはミホノブルボンが春二冠を達成した年といえば、わかりやすいかもしれない。ちなみに武豊騎手は23歳。あれから毎年のように出場しながら、タイトルには届きそうで届かない状況が続いている。

「俺、2位ばっかりやから……」と、思わずそう呟くのも頷ける。武豊騎手は初優勝した1992年から27年間で、総合2位が8度もあり、特に札幌開催になった2015年以降は2、2、5、2位と“名脇役”に甘んじているのだ。

 そんな武豊騎手だが、今年は[B]ショウナンアリアナ、[C]ペイドメルヴェイユ、[A]キタサンタイドー、[D]アメリカンワールドの4頭とのコンビが決定(※[]内はJRAがランク付けした騎乗馬の評価)。現場の記者に優勝の可能性を聞いてみた。

「第1戦のショウナンアリアナ(B評価)は前走5着ながら、勝ち馬とは0.3秒差。同じ札幌の芝1200mなので勝ち負け十分の存在だと思います。忙しい短距離戦の大外枠に入ってしまったので、やはりスタートがカギ。上手く好位につけられれば、上位争いは必至でしょう。ここでポイントを稼いで、幸先のいいスタートを切りたいところです。

第2戦のペイドメルヴェイユ(C評価)は本人が『C、D評価でいかに4、5着を拾えるか』と語っている通り、ポイントを握る一戦になりそうです。前走こそ9着に惨敗していますが、1800mは少し短い印象。着目したいのが、武豊騎手自身が騎乗して6着だった2走前の2000m戦です。

勝ったサトノガーネットと2着カリビアンゴールドは、その後のクイーンS(G3)でも6着、3着と善戦。これらと0.3秒差なら、今回同じだけ走れれば上位進出も十分に可能です。切れる馬ではないので、前目で運んで粘り込みたいですね」(競馬記者)

 記者の話によると、武豊騎手にとっては1日目が稼ぎ所だという。だが「優勝」のカギを握るのは、やはり2日目にあるようだ。

JRA武豊27年ぶり WASJ優勝へ「チーム・キタサンブラック」再び!? 過去4年で準優勝3回の“鬼門”突破に「今年こそ、優勝しないと」のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!