NEW

JRAの重要事! 夏の風物詩セレクトセールとサマーセール。生産界の代理戦争と取引馬の成績

【この記事のキーワード】, ,

 ちなみに最低落札価格は90万円で、最高価格は2700万円と幅広い。これは賞金の低い地方競馬の馬主でも買いやすいといえる。実際にセレクトセールが高すぎて買えなかった馬主が、このサマーセールで何頭か落札できたという話も聞く。なお4日間の上場頭数1197頭に対し落札は859頭、落札率は71.8%とこちらも昨年を上回っている。

 主な落札馬を見てみると、菊花賞馬ソングオブウインドの半妹メモリアルサマー2018(父ノヴェリスト)が500万円(税抜)。高松宮記念馬セイウンコウセイの半妹オブザーヴァント2018(父リアルインパクト)が1600万円とG1馬の妹は意外に低評価。高額馬はルーラーシップ産駒のアドマイヤカグラの2018が2700万円、パゴ産駒ドゥオナーの2018が2400万円と高評価。

 2000万円を超えた馬は12頭もいて、スズカでお馴染みの永井氏が3頭落札している。さらに全体を見ると岡田繁幸氏が7頭、ドクターコパ氏が4頭、ゴドルフィンが4頭、メイショウの松本氏は18頭、さらにJRA(日本中央競馬会)も来年のトレーニングセールのために39頭と大量に落札している。

JRAの重要事! 夏の風物詩セレクトセールとサマーセール。生産界の代理戦争と取引馬の成績の画像2

 またこのサマーセールでは、唯一国内の公立高校でサラブレッドを生産している静内農業高等学校が生産したマドリガルスコアの2018(父エスケンデレヤ)が上場され、200万円のスタートから340万円で落札されている。セレクトセールでは選ばれなかっただろうマイナーな馬だが、こういったドラマが見られるのもサマーセールならでは。オーナーはJRAでのデビューを目指すと語っており、来年の新馬戦が待ち遠しい。

 セレクトセールで4億円の馬を買うのも、このサマーセールで90万円の馬を買うのも、馬主にとっては同じ先行投資だ。果たして今回落札された馬達はどんな活躍を見せてくれるのか、モーリスのような下剋上が見られるのか。多くの馬はこれから鍛えられ、来年のトレーニングセールにも顔を並べるだろう。今年取引された若駒の、来年そして再来年のデビューを注目したい。

JRAの重要事! 夏の風物詩セレクトセールとサマーセール。生産界の代理戦争と取引馬の成績のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合