NEW

JRA「女王筆頭」リアアメリア危うし!? M.デムーロ「信じられないくらい強かった」藤岡康「この馬、ヤバい」衝撃の末脚ウーマンズハート話題沸騰

【この記事のキーワード】, , ,

JRA「女王筆頭」リアアメリア危うし!? M.デムーロ「信じられないくらい強かった」藤岡康「この馬、ヤバい」衝撃の末脚ウーマンズハート話題沸騰の画像1

 外から豪快に突き抜けた。25日、新潟競馬場で行われた新潟2歳S(G3)は1番人気のウーマンズハート(牝2歳、栗東・西浦勝一厩舎)が優勝。メンバー唯一の32秒台となる、上がり3ハロン32.8秒の豪脚で初重賞制覇を飾った。

「この馬、ヤバいわ……」

 開口一番、藤岡康太騎手が興奮気味に語るのも当然か。最後の直線、手応え十分に先に抜け出したのは、M.デムーロ騎手のペールエールだった。例年なら、そのまま決着してもおかしくなかったが、そこからウーマンズハートがケタ外れの末脚で強襲。最後はねじ伏せるように半馬身差をつけてゴールした。

「いかにスムーズに外に出せるかだと思っていました。(最後の直線は)4コーナーの手応えの割にフラフラしてしまったけど、それでしっかり差し切るのだから能力、ポテンシャルは間違いない」

 これでデビュー戦に続く、上がり3ハロン32秒台。藤岡康騎手の言葉通り、最後の直線ではふらつく場面もあったが、それでも差し切ってしまうところに底知れないポテンシャルを感じさせる。

「先に抜け出したペールエールは、ほとんど完璧な競馬。好位から上がり3ハロン33.1秒を記録していますし、例年ならこの馬が勝っていた展開です。しかし、そこから勝ってしまうウーマンズハートの末脚はケタ外れ。2013年の勝ち馬で、後に桜花賞(G1)を勝つハープスターを彷彿とさせる驚異的な切れ味でした。

現在の2歳牝馬戦線は、新馬戦を8馬身差で圧勝したリアアメリアが頭一つ抜けている印象ですが、ウーマンズハートはそれに迫る存在と言ってもいいと思います」(競馬記者)

 ウーマンズハートのポテンシャルの高さに驚いたのは、藤岡康騎手だけではない。「スタートでいいところにつけられたし、最後もいい脚で伸びている」とペールエールを評価したデムーロ騎手も「ただ、勝った馬は信じられないくらい強かった」と、今回は白旗を挙げざるを得なかったようだ。

「放牧に出して、阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)を目標にやっていきたい」

 そう今後の方針を打ち出した西浦調教師。話題のリアアメリアとの直接対決は12月のG1の舞台になりそうだ。

JRA「女王筆頭」リアアメリア危うし!? M.デムーロ「信じられないくらい強かった」藤岡康「この馬、ヤバい」衝撃の末脚ウーマンズハート話題沸騰のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由