NEW

JRA「秋全休」サングレーザー無念……「引退」もチラつく状況と「痛恨」のタイミング

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA「秋全休」サングレーザー無念……「引退」もチラつく状況と「痛恨」のタイミングの画像1

 先日の札幌記念(G2)で僅差の2着と、秋への飛躍を期待されたサングレーザー(牡5 栗東・浅見秀一厩舎)が、秋「全休」となることがわかった。所有するG1レーシングが報じている。

 全休を決めた理由は脚部不安で「右前脚のつなぎの内側部分に張りと熱感が見られ、種子骨靭帯に炎症が判明した」からだという。予定されていた10月の天皇賞・秋はもとより、秋出走そのものができないというのは症状の重篤さを表している。

 すでにG2を3勝している強豪で、昨年の天皇賞・秋ではレイデオロに迫る2着に入った。ここ最近は成績を崩していたが、札幌記念では強豪メンバー相手に2着と復活の兆しが見えていた。それだけに、今回の報道にショックの声は多い。

「復帰も未定ですし、油が乗った今の時期にレースに使えないのは本当に痛いですね。復帰時に能力が戻るかも不安です。父ディープインパクトも先日亡くなったので、後継の1頭として『引退』可能性も否定できまません。

 とはいえ陣営も『何とかG1を』という気持ちは強かったでしょうし、G2ホースとG1勝利馬では種牡馬としての格が違うのはいうまでもないところ。現役続行か引退か……悩ましい判断だと思いますよ」(競馬誌ライター)

 ブラストワンピース、レイデオロ、モズアスコット、ペルシアンナイト……並みいるG1ホースと渡り合ってきたサングレーザーの力は間違いなく本物で、G1ホースに足るものだけに、今回の怪我は非常に残念だ。願わくば、元気な姿で復活してほしいものだ。

 

JRA「秋全休」サングレーザー無念……「引退」もチラつく状況と「痛恨」のタイミングのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!