NEW

パチスロ6号機『北斗の拳 天昇』適合! 苦戦が続く「覇者」の復活を予想する声

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチスロ6号機『北斗の拳 天昇』適合! 苦戦が続く「覇者」の復活を予想する声の画像1

 パチンコ・パチスロ共に「ビッグコンテンツ」たちに動きが見え始めている。

 9月には人気シリーズの6号機『SLOT劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』が登場。初代のゲーム性を継承しており、主にボーナスを機に突入する1G純増約3枚の差枚数管理型AT「マギカラッシュ」で出玉を増やす仕様だ。

 パチンコ分野の注目は、平和の看板機種『ルパン三世』だろう。

 新機種『Pルパン三世~神々への予告状~』は、6段階設定を搭載したライトミドルタイプ。最大「約92.4%」という高継続率を実現したST機だ。大当り出玉は2R(240発)~10R(1,200発)の5パターンに分類。一撃よりも連チャンに重きを置いたスペックだ。

 新たに作り込まれたオリジナルエピソード演出も見逃せないポイント。パチンコ人気を支える一角である『ルパン三世』が、新時代でどのような活躍を見せるかに注目だ。

 話題性では業界のエース『北斗の拳』も負けてはいない。

 ファン待望の最新作が9月2日に降臨。最新作『P北斗の拳8覇王』はミドルスペックの確変ループタイプとなっており、確変中は出玉増加機能「小当りRUSH」で出玉を増やし続けるゲーム性だ。

 大当りは「最大1500発(10R)」と新規則の最大出玉を搭載。小当り×確変「究極神拳RUSH」の継続期待度は約61%と、『北斗』らしい“一撃”にも期待できる仕様だ。

 一部では仕上がりを不安視する声もあるが、導入後は大きな反響が寄せられることだろう。どのような評価を得られるかに注目したいが……。

『北斗の拳』ファンの間で話題になっているのは、パチンコだけではない。

 以前から噂されていたパチスロ6号機がついに始動。8月26日、発売元のサミーはパチスロ新機種『パチスロ北斗の拳 天昇』(タイヨーエレック製)が型式試験において、適合通知を受けたことを発表した。ファンからは熱い視線が注がれている。

パチスロ6号機『北斗の拳 天昇』適合! 苦戦が続く「覇者」の復活を予想する声のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!