NEW

JRA「ヤバい」大器ウーマンズハートに津村明秀が騎乗できなかった事情……「少しでも可能性を残すため」の措置とは

【この記事のキーワード】,

JRA「ヤバい」大器ウーマンズハートに津村明秀が騎乗できなかった事情……「少しでも可能性を残すため」の措置とはの画像1

 25日(日)、新潟競馬場で行われた新潟2歳S(G3)は、1番人気のウーマンズハートが快勝(牝2歳、栗東・西浦勝一厩舎)。メンバー唯一の32秒台、上がり最速32.8秒の豪脚で外から豪快に突き抜けた。

 騎乗した藤岡康太騎手はレース後、「この馬、やばいわ」と一言。まだフラつくこともあるものの「それでしっかり差し切るのだから能力、ポテンシャルは間違いない」とその才能を評価。さらに2着に入ったペールエールに騎乗していたM.デムーロ騎手も、「勝った馬が強すぎます」「仕方ありません」とお手上げの様子だった。

 来年のクラシックも期待できるほど、スケールの大きな走りを見せたウーマンズハート。今後が楽しみな1頭の登場に、競馬ファンも沸いている。

 だが、戦前から一部で『なぜ新馬戦で騎乗した津村明秀騎手から、藤岡康騎手へ乗り替わりがあったのか』を疑問視する人もいた。これには相応の理由があったという。某新聞記者の話し。

「津村騎手は、ノーザンファームから『馬を集めるからここは小倉競馬場に行ってほしい』と依頼され、OKを出していたんだ。その約束の後に、津村騎手はウーマンズハートで新馬戦を圧勝。陣営は中2週という強行軍で新潟2歳Sに向かうことを決めた。つまり先約があったから、津村騎手は乗れなかったんだよ。

 津村騎手も新馬戦でかなりの手応えがあり、ウーマンズハートを『悲願のGIを狙える馬』とまで考えていたようなので、エージェントとともに、なんとか新潟競馬場に残れないか交渉したみたい。でも、ノーザンとしても彼の代わりとして納得する騎手がいないこともあって、その願いは叶わなかったようだ」(記者)

 ウーマンズハートがノーザンファーム生産の馬ならば、まだ融通が利いたのかもしれない。だが、残念ながら同馬を生産したのはダーレー・ジャパン・ファームで、所有するのはゴドルフィン。これもOKが出なかった一因だと言われている。

「その日は、津村騎手とエージェントを同じくする石橋脩騎手が新潟競馬場にいた。だけど石橋騎手は新潟2歳Sでは人気を集めていたタイムマシンに騎乗予定。同じグループ内で馬を回すこともできなくなったエージェントは、津村騎手の手元に戻る可能性を少しでも多く残すために、仲の良い藤岡康騎手のエージェントを頼ったんですよ。

 今後、津村騎手の手に戻ってくるかは、調教師やオーナーのゴドルフィンの判断次第です。それでも、C.ルメール騎手や川田将雅騎手らリーディングの上位陣が騎乗するよりかは、可能性が上がりましたね」(別の記者)

 次走は暮れのG1に向かうことも考えられているというウーマンズハート。そのときこの素質馬の背に、誰が乗っているのかが気になるところだ。

JRA「ヤバい」大器ウーマンズハートに津村明秀が騎乗できなかった事情……「少しでも可能性を残すため」の措置とはのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  6. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  7. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  8. JRA武豊「ハナ差」で逃がしたダービー3連覇! スペシャルウィーク、アドマイヤベガからの痛恨敗戦…「生まれ変わった」福永祐一がジオグリフと挑む
  9. JRA 2週続いた横山武史騎手のリベンジ劇、2度あることは3度ある? 今週はキラーアビリティでエフフォーリアの“忘れ物”を獲りに行く
  10. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?