NEW

JRA「迷走?」オジュウチョウサン最大の目標はどこにある?

【この記事のキーワード】, ,

JRA「迷走?」オジュウチョウサン最大の目標はどこにある?の画像1

 4月の中山グランドジャンプ(G1)で史上初となる4連覇を達成した最強ハードラー・オジュウチョウサン(牡8歳、美浦・和田正一郎厩舎)。同馬が10月6日の六社S(3勝クラス)で復帰するも、予定していたステイヤーズS(G2)への挑戦は白紙にすると和田調教師が明かした。

 オジュウチョウサンは中山グランドジャンプ(G1)で4連覇を達成後に、ファン投票の得票数が多い上位10頭に優先出走権が与えられる『グランプリ』の宝塚記念(G1)への出走を表明。見事、投票では8位となり、出走権を獲得したものの、陣営は疲労の蓄積などを理由に、無念の出走回避を決断。その後、オジュウチョウサンは放牧に出されていた。

「ステイヤーズSはJRAの平地競走で最も距離が長く、”マラソンレース”とも呼ばれています。ときには4000メートルを超える障害レースで、無類の強さを発揮したオジュウチョウサンにはもってこいだと思われていたのですが……。

 ただ陣営としては、取材に対してローテーションを“見直し”と語っています。今後の予定に幅をもたせたいと考えているのでは? 昨年、六社Sを制したムイトオブリガードは次走にアルゼンチン共和国杯(G2)を選択し、2着と好走していますからね。オジュウチョウサン陣営としては、六社Sの結果次第では、さらに上のクラスも狙えると考えたため、“見直す”ことにしたのでしょう。

 オジュウチョウサンは今春も数回ローテーションの変更を行っています。今回も変更したところで、リズムが崩れるなどの問題も特にないと思います」(競馬誌ライター)

 障害で無類の強さを発揮したオジュウチョウサンもすでに8歳。そのキャリアが終盤に差し掛かっているのは、誰の目にも明らかだ。そのため陣営としても、ローテーションを固定するのではなく、柔軟に対応してオジュウチョウサンにとってベストの道を探っていくことにしたのかもしれない。

 重賞制覇の夢を追うために無理をして故障、という悲劇は誰も望んでいないはずだ。オジュウチョウサンにはくれぐれも無理をせず、勇気ある挑戦を続けてもらいたい。

JRA「迷走?」オジュウチョウサン最大の目標はどこにある?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  6. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  7. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  8. JRA武豊「ハナ差」で逃がしたダービー3連覇! スペシャルウィーク、アドマイヤベガからの痛恨敗戦…「生まれ変わった」福永祐一がジオグリフと挑む
  9. JRA 2週続いた横山武史騎手のリベンジ劇、2度あることは3度ある? 今週はキラーアビリティでエフフォーリアの“忘れ物”を獲りに行く
  10. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?