NEW

パチスロ話題の「ゲキ甘台」でまさかの”逆万枚”を達成。それでも打ち続ける”本機の魅力”とは【超パチスロ星人の本音コラム】

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ話題の「ゲキ甘台」でまさかの逆万枚を達成。それでも打ち続ける本機の魅力とは【超パチスロ星人の本音コラム】の画像1

 三度の飯よりパチンコ、パチスロを愛するヘビーユーザー・北斗轟が業界をアツく語る本音コラム。今回は、私がいま最も熱中している激アマ台『ディスクアップ』(サミー)の”魅力”を改めてご紹介したいと思います。

 導入されて1年が経過したサミーの『ディスクアップ』。先日には、5度目の増産となる「ホワイトパネル」が発表され、総販売台数は当初の10倍以上にあたる2万台を突破するなど、その人気は他を圧倒する勢いです。

 特に、交換ギャップのない等価地域のホールでは、設置台全てが「終日フル稼働」なんてことも珍しくありません。

 その魅力はやはり、設定1でも勝てる「スぺックの甘さ」でしょう。同色BIGボーナス中はビタ押し成功のたびに、ほぼ必ずARTのG数が上乗せされます。

 特化ゾーンなどヒキが求められる台とは異なり、完全実力主義のゲーム性。目押しマシン好きには、至福の1台ではないでしょうか。

 また、そのボーナスを示唆する「リーチ目と演出の絡み合い」も、ヒットの要因といえます。

 そもそもパチスロは、基本的に演出で小役やボーナスなどを示唆しますよね。例えば「小役以上」「ハズレ」「スイカ」などそれぞれに対応した演出があり、それが矛盾するとボーナス確定!になるパターンです。このような演出法則は、パチスロにおいて定番中の定番なのですが……。

パチスロ話題の「ゲキ甘台」でまさかの逆万枚を達成。それでも打ち続ける本機の魅力とは【超パチスロ星人の本音コラム】の画像2
スイカ成立と思いきや……至高の2リール確定目!

『ディスクアップ』はハズレ演出にも意味を持たせているんですよ。演出はハズレ対応なのに、出目は小役以上というパターンなどなど……。

要は、どの演出が来てもボーナスに期待することができるんです。液晶非搭載のドット演出で「ここまで楽しめるのか」と、打つたびに感心します。

 そんな『ディスクアップ』を本格的に打ち始めたのは11月頃。今月で10カ月を迎えようとしています。

パチスロ話題の「ゲキ甘台」でまさかの”逆万枚”を達成。それでも打ち続ける”本機の魅力”とは【超パチスロ星人の本音コラム】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!