NEW

パチスロ「純増9枚」“リゼロ超え”の超速AT!? 5号機屈指の「爆裂マシン」が6号機に降臨!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチスロ「純増9枚」リゼロ超えの超速AT!? 5号機屈指の「爆裂マシン」が6号機に降臨!の画像1

 パチスロファン、そして業界関係者の間でいま最も期待されているのが、6号機王者『Re:ゼロから始める異世界生活』(以下、リゼロ)を超える純増スピードである。

 AT『ゼロからっしゅ』は出玉の減る区間がない「S(ストレート)AT」を採用し、わずか300G程度でリミッター(2400枚)まで到達。5号機では不可能だった圧倒的な出玉速度を実現している。当然ながら、導入前から大きな反響を呼んでいた。

「出玉面のみならず、導入台数も6号機トップクラス。全国導入台数ランキングは『アイムジャグラーEX‐AE』を追い抜き堂々1位にランクイン中です。いまやパチスロ界を代表する超ヒット作ですね。

その要因としてコンテンツ力が挙げられますが、やはり一度経験したら病み付きになる出玉スピードも人気の理由でしょう。

特に4号機時代を経験したプレイヤー、夜からメインに立ち回るサラリーマン層などから高い支持を得ている印象です。なんせ閉店30分前からでも取りきれちゃいますからね」(記者)

『リゼロ』の登場により、6号機最大の武器は「出玉スピード」であることが証明された。それに対し、関係者からは「純増が全てではない」「供給過多となる可能性も」との指摘もあるが……これまでの業界の歴史を見る限り、この「“超”高純増ブーム」はさらに加速していくだろう。

 実際、今後のラインナップ候補として上がっている『サラリーマン金太郎』最新作は、『リゼロ』と同等のスピードを持ちながら「通常時の無抽選区間なし」という、驚愕の性能を有しているとのウワサが浮上中。

 この情報が事実だとすれば、2400枚の出玉の塊を立て続けに獲得可能となり、1時間あたり「5000枚クラス」の出玉も狙えることになる。

 一方、先日検定を通過した七匠の『Sブラックラグーン9.0マシンガンAT』は、機種名通りの“超速性能”だと言われ、早くも熱視線を浴びている状況だ。

「純増はなんと『リゼロ』を超える“9枚オーバー”との情報が関係者の間で話題になっています。4作目にしてシリーズ初のATタイプの可能性が高いようですよ。

パチスロ「純増9枚」“リゼロ超え”の超速AT!? 5号機屈指の「爆裂マシン」が6号機に降臨!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!