NEW

JRA史上3位「馬単102万5570円」炸裂! 崖っぷち未勝利「腹をくくって内をロスなく」三津谷隼人騎手が会心の大仕事

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA史上3位「馬単102万5570円」炸裂! 崖っぷち未勝利「腹をくくって内をロスなく」三津谷騎手が会心の今年2勝目の画像1

 1日に小倉競馬場で行われた6R・3歳未勝利戦で、単勝213倍の17番人気のイルマタルが優勝。2着にも単勝16番人気の大穴ディオーネプリンスが入り、馬単102万5570円はJRA史上3位の高配当となった。

 この日、朝から強い雨に見舞われていた小倉競馬場。1Rから三連単210万馬券と大荒れの幕開けとなった小倉は、6Rがあった正午過ぎには小雨に変わっていたが、馬場は重発表だった。

 18頭立てで行われた芝2000m。「初めての芝だったので、早めの競馬を意識していました」という三津谷隼人騎手の言葉通り、中団を進んでいたイルマタルは早めの進出を開始。4コーナーで先頭集団を射程圏に入れると、最後の直線でインから力強くに抜け出し、ディオーネプリンスの猛追を3/4差しのいでゴールした。

「レース後に『腹をくくって内をロスなく回った』とコメントしていた通り、各ジョッキーが荒れた内馬場を嫌って外を回す中、思い切ってインを突いた三津谷騎手の作戦勝ちでしたね。

今回が初の芝挑戦ということで人気がありませんでしたが、重馬場で時計が掛かったことも味方したと思います」(競馬記者)

 レース後、三津谷騎手が「最後の最後に勝てて良かった」と話した通り、夏競馬最終週となる今週で3歳未勝利戦は終了となるだけに、1勝の意味は大きい。三津谷騎手は、これが今年2勝目だった。

 この勝利には、イルマタルを管理する渡辺薫彦調教師も「芝を使いたいと思っていたけど、ダートで頑張っていたので、なかなか使うタイミングがありませんでした。道悪の中、勝ってくれて本当に良かったです」と“してやったり”といったところか。

 ちなみにJRA史上3位の高配当となった馬単102万5570円は、小倉競馬の歴代最高配当でもある。人馬だけでなく、配当的にも大きな大きな仕事となった。

JRA史上3位「馬単102万5570円」炸裂! 崖っぷち未勝利「腹をくくって内をロスなく」三津谷隼人騎手が会心の大仕事のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!