NEW

JRAデムーロ「バンザイ関東移籍?」上機嫌が話題……復活の予兆あり

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 京成杯AH(G3)に出走を予定しているロードクエスト(牡6歳、美浦・小島茂之厩舎)が、M.デムーロ騎手を背に追い切りを行った。

 ロードクエストは、大きく先行した外ウルラーレと中につけたブラッドストーンの2頭を内から追走。中には1馬身遅れたものの、外とは併入。馬なりで6ハロンを81秒5、ラスト12秒4を記録した。デムーロ騎手は最後にステッキを数回入れたが、その理由を、「遊んでばかり。だから叱りながら乗った」と苦笑しつつ明かした。それでも手応えはあったのか、鞍上から報道陣に向かってバンザイするなどゴキゲンな様子だったという。

「デムーロ騎手は最近、よく笑うようになったんですよね。今年は建てたばかりの京都の豪邸の水漏れ事件など、プライベートで問題を抱えているとウワサされていました。そのせいで仕事に集中できず、“出遅れ”や“ただ外を回るだけの無策の競馬”、さらに手綱を緩めて早々と諦める無気力騎乗まがいのことをするのではないかともいわれていたほど。

 ところが、その私生活のトラブルがようやく改善の方向に動き始めたらしいんですよね。だから、ここから調子を取り戻すと見る関係者もいますよ」(競馬記者)

 ようやく復調の兆しを感じさせはじめたデムーロ騎手。だが、その復活劇は関西ではなく関東の馬で行われると見ている人が多いようだ。

「今春、デムーロ騎手は好調な成績を残している同じグループの川田将雅騎手への嫉妬や、サートゥルナーリアの乗り替わりなどを理由にエージェント変更を決断したといわれています。ですが、あまりにも急な決断に現場は大混乱。この一件でデムーロ騎手に対してネガティブなイメージを持つ関係者が増えたともいわれています。

 それに加えて、皐月賞(G1)の騎乗をめぐってデムーロ騎手は川田騎手と殴り合い寸前の揉め事を起こし、さらに不利を受けた安田記念(G1)では、レース後取材陣にノーコメントを貫くなど、すっかりトラブルメーカーとして周知されているんです。関西ではデムーロ騎手の評価は下げ止まりを知らず、本人としても相当居心地が悪いみたいです。

 その一方、関東の先生たちの中にはデムーロ騎手を評価する人もいます。なので、このまま『移籍するのでは?』なんていわれています。今年の夏は新潟に滞在しましたが、それ以降は美浦の馬に騎乗する割合が今まで以上に多くなっていますからね」(競馬誌ライター)

 新天地で再起を目指す可能性も出てきたデムーロ騎手。現在、デムーロ騎手はエージェントを変更した影響や自身の不調も相まって、サンデーレーシングやシルクレーシング、キャロットファームなどからの信頼を失ったのか、ノーザン系ホースクラブの所属馬にほとんど乗れなくなっている。この3クラブは昨年のオーナーランキングのトップ3だ。まず成績を向上させるためには、この3クラブとの関係改善が必須。そのためにも他のクラブ馬や個人所有の馬で結果を残し、その実力を再度証明する必要があるだろう。

 デムーロ騎手は再び輝くことができるのか。バンザイする姿をトレセンではなく、レース後に見せてもらいたい。

JRAデムーロ「バンザイ関東移籍?」上機嫌が話題……復活の予兆ありのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!