NEW

JRA「未完の大器」ルヴォルグがセントライト記念(G2)で本領? ルメールも能力認める

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA「未完の大器」ルヴォルグがセントライト記念(G2)で本領? ルメールも能力認めるの画像1

 16日(祝・月)に、中山競馬場で開催される菊花賞トライアルのセントライト記念(G2)。上位3頭に最後の1冠への優先出走権が与えられることもあり、春のクラシック出走が叶わなかった馬たちがラストチャンスを求めて出走することも多い。その1戦で、上がり馬ルヴォルグ(牡3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が一撃を狙う。

 ルヴォルグは2歳秋に、世界No,1騎手との呼び声も高いR.ムーア騎手を背に東京スポーツ杯2歳S(G3)に出走。1番人気に推されたものの、出遅れて後方からの競馬になると実力を発揮できずに9着と敗戦を喫した。

 今年はC.ルメール騎手が騎乗して大寒桜賞(500万下、現1勝クラス)から始動。2番人気と期待されたものの、後に青葉賞(G2)を勝つリオンリオンに逃げ切り勝ちを許し、2着。続くプリンシパルS(L)では、M.デムーロ騎手とともに日本ダービーへの出走権をかけて出走するも、直線で不利を受けたことも影響し、6着に終わっていた。

 不完全燃焼で春を終えたルヴォルグは、夏に札幌競馬場で3歳以上1勝クラスに挑戦。ここでも悪癖が顔を出し、大きく出遅れてしまう。控えるかと思いきや、馬が行きたがる素振りを見せたため、鞍上のルメール騎手も抑えず、そのまま3番手まであがる。

 一時、ハナとは10馬身以上、2番手とも6馬身差と大きく離れたことも影響したのか、ルヴォルグは中盤からはそのような素振りも見せず、落ち着きを取り戻す。3コーナーから徐々に前との差が詰まり、4コーナーではリードはほぼなくなっていた。そして最後の直線入り口でルヴォルグは力強く先頭に立つと、そのまま抜け出して勝利。古馬を相手に2着に2馬身半差をつけて快勝してみせた。

 レース後、ルメール騎手は「(出遅れたものの)すぐにポジションを上げられた。ずっと冷静に走っていた。能力がある」とレースを振り返っている。

「いい内容の競馬だったと思います。藤沢調教師も『ゲートでがちゃがちゃしたけど、強かったね』と話していましたね。

 そして前走後は、放牧に出されていたので、しっかりリフレッシュできたみたいです。帰厩してからの1週前追い切りは、上野翔騎手を背に坂路コースで行われ、4F53秒6、ラスト12秒5をマーク。スタッフは『素質はある』といい、『重賞でも通用するポテンシャルを秘めているのではないかと思っています』と自信をのぞかせていましたよ。そしてここには大寒桜賞で敗れたリオンリオンも出走予定。同じ相手に2度負けるわけにはいかないでしょう。気合いは十分だと思います」(競馬誌ライター)

 手綱はルメール騎手が握る予定。ここを勝ち、満を持して最後の一冠に向かうことができるだろうか。好走を期待したい。

JRA「未完の大器」ルヴォルグがセントライト記念(G2)で本領? ルメールも能力認めるのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!