NEW

パチンコ『牙狼』最新作「時速約600回転」に続く歓喜……「遊びやすい」が特徴の「奇跡のコラボ」機がついに登場!!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチンコ『牙狼』最新作「時速約600回転」に続く歓喜……「遊びやすい」が特徴の「奇跡のコラボ」機がついに登場!!の画像1

 9月2日に『北斗の拳』『ルパン三世』という超大物が登場したパチンコ。新台『P北斗の拳8覇王FQA』(サミー)、『Pルパン三世~神々への予告状~』(平和)が絶賛稼働中だ。

『北斗』最新作は、過去に好評を得られなかった小当り搭載機である点や、大当り比率などスペック面を指摘する声が目立った。

 しかしながら、実際に遊技してきたプレイヤーからは「RUSH時の出玉スピードはすごい」「ハマった時の破壊力は抜群」といった報告が上がっている。前評判通り、小当りRUSHの性能は優秀だったと言えるだろう。

 最高継続率「約92.4%」を実現した『ルパン』最新作も、右打ち中の大当り50%が「わずか240個」という出玉性能にネガティブな意見が寄せられていた。苦戦を予想する関係者は多かったが……。

 消化スピードを称賛するユーザーが続出。「保留が追いつかないほど速い」といった意見が浮上している。「2R大当りを除けば右打ちは良い」といった声が出ているように、不安を払拭する可能性も十分にあるだろう。

 両機ともに、まずまずのスタートを切った印象。業界を代表するビッグコンテンツは長期稼働を実現できるのだろうか。今後の動向に注目していきたい。

『北斗の拳』『ルパン三世』の登場でホールは盛り上がりを見せているが、今後も魅力的な新台がスタンバイしている。

 圧倒的爆発力でパチンコ分野に旋風を巻き起こした『牙狼』シリーズ最新作が11月に導入予定だ。『P牙狼コレクション』が実現した「時速約600回転のゲームスピード」へ熱い視線が注がれている。

 他にも業界初のジャンル「設定付き羽根パチ」となる『羽根モノ スカイレーサー』(ジェイビー製)など、興味深い機種が控えているわけだが……。

 その中でも注目したいのは、名物メーカーと「幻のパチンコ」とのコラボ作品だ。あの「レジェンド」が華麗に復活。人気コンテンツとの「強力タッグ」に歓喜するユーザーが続出中だ。

パチンコ『牙狼』最新作「時速約600回転」に続く歓喜……「遊びやすい」が特徴の「奇跡のコラボ」機がついに登場!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!