NEW

JRA大量「レース不成立」の危機に現場から嘆き!? 降級制度&スーパー未勝利廃止で1勝クラス「過疎化」深刻……

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA大量「レース不成立」の危機に現場から嘆き!? 降級制度&スーパー未勝利廃止で1勝クラス「過疎化」深刻……の画像1

 先週から秋競馬が開催し、9月は中山・阪神の2場開催。毎年、この時期に関係者が頭を悩ませているのが、条件馬殺到による「除外ラッシュ」だ。特に3歳以上の1勝クラス(500万下)条件は“狭き門”になることが多く、JRAも対策として毎週最も多くのレースを用意している。

 しかし、今年は定員オーバーの除外どころか「過疎化」の声すら聞かれるから驚きだ。

 実際に先週の開催では、土日合わせて中山に9鞍、阪神にも7鞍の3歳以上1勝クラス(500万下)があった。合計24レースの内、実に15レースを占める圧倒的なシェアである。

 これだけ極端な偏りを見せるのも、毎年恒例の除外ラッシュがあるからこそ。しかし、今年はフルゲートがわずか4レース……除外どころか、逆に10頭以下が6レースもあるという。これでは「過疎化」と言われても仕方ない状況だろう。

「今年から降級制度がなくなった影響が大きいですね。最も多い2勝クラス(1000万下)からの降級がなくなって、1勝クラスの馬の絶対数が減り続けている状況です。なのに番組的には例年通りとくれば、そりゃ少頭数のレースが頻発しますよ。

関東の調教師さんからは『もっと他の条件のレースを増やしてくれ……』と、早くも“悲鳴”が聞かれています。一方で、人気の高い短距離レースは相変わらずフルゲートも多いですから。来年以降、早期のテコ入れは必須だと思いますね」(競馬記者)

 今夏から降級制度が廃止された影響で、現在はレース数が少ない2場開催であるにもかかわらず、少頭数のレースが多発する“異常事態”となっているようだ。だが、今後状況は「ますます悪化する可能性が高い」という。

「これまではこの時期も、勝てば500万下へ昇格する3歳未勝利、いわゆる『スーパー未勝利』があったんですが、今年から廃止になりました。現場の調教師は『未勝利馬はさっさと抹消して、新馬をどんどん使いなさいというのが、今のJRAのスタンス』と受け止めているようですが、逆に言うと、今後しばらく500万下の馬がまったく増えないということなんですよね。

それにもかかわらず10月から3場開催が始まれば、ますます500万下のレースが増えますし、もっと“過疎化”が進むかもしれませんよ。JRAでは出馬投票の際に5頭以上いないとレースが成立しませんし、最悪、レース不成立続出という可能性も……」(別の記者)

 記者によると、関東の某調教師からは「こんなに(1勝クラスが)スカスカになるなら、(未勝利馬を)抹消しないで、残しておけば良かった」とのコメントも。番組上の急激な変化の影響は、決して小さくないようだ。

JRA大量「レース不成立」の危機に現場から嘆き!? 降級制度&スーパー未勝利廃止で1勝クラス「過疎化」深刻……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!