NEW

眞子さま「税金乱用?」小室圭さんと結婚が「憲法と違う」文春指摘

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眞子さま「税金乱用?」小室圭さんと結婚が「憲法と違う」文春指摘の画像1

 

 秋篠宮家の長女眞子さまとの結婚問題に揺れる小室圭さん

 いまだ借金問題や国民の理解の解決には至っておらず、泥沼化するこの問題。

 小室さん、母佳代さんの窮状、それに対する動きなどは大いに問題があるが、それ以上にまずい状況にあるのが秋篠宮家だ。

 眞子さまは小室さんとのご結婚に対し「お気持ちは一貫している」という状況。そして「お気持ちを尊重する」というお考えから、お口出しができない状況にある秋篠宮ご夫妻への批判は、次第に大きくなっているのが現状といえるだろう。

 この状況に関し、「週刊文春」(文藝春秋)が厳しい指摘している。

「記事によれば、憲法第8条で『皇室に財産を譲り渡し、又は皇室が、財産を譲り受け、若しくは賜与することは、国会の議決に基かなければならない』、88条では『すべて皇室財産は、国に属する。すべて皇室の費用は、予算に計上して国会の議決を経なければならない』とあります。

同誌はこれを、皇室の金銭的な状況は極めてクリーンでなければならないと綴っています。

皇室でかかる費用は国民の税金であり、それを理解して使う必要があるということです。小室さんも皇室に親族としてかかわる以上、この辺の自覚は絶対に必要となるのですが、佳代さんが『金銭的サポート』を皇室に求め、小室さんの留学には皇族利用のウワサが消えません。

そして、そのような人物と結婚を考えておられる眞子さまの『ご判断』が、何より重要であるということです。一時金1億円に関してもそれは同じ。小室さんと結婚するには『辞退』が憲法上でも必要になってきそうな話です」(記者)

 眞子さまが小室さんと結婚することが、皇室としての「義務」という面で、越えねばならないハードルがあまりにも高い。

眞子さま「税金乱用?」小室圭さんと結婚が「憲法と違う」文春指摘のページです。GJは、その他、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事