NEW

【オールカマー(G2)展望】ウインブライトVSレイデオロ! 中長距離G1路線を占う激アツの一戦!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 古馬王道路線が、22日(日)に中山で開催されるオールカマー(G2)から開幕する。今年も実力馬が出走を表明。中長距離G1路線を占う上で、非常に重要なレースになりそうだ。

 その中心にいるのは、巻き返しに燃える2017年の日本ダービー(G1)馬レイデオロ(牡5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)だろう。

【オールカマー(G2)展望】ウインブライトVSレイデオロ! 中長距離G1路線を占う激アツの一戦!!の画像1

 ダービー制覇後に臨んだ神戸新聞杯(G2)では、後の菊花賞馬キセキに2馬身差を付ける完勝。続くジャパンC(G1)で敗れはしたものの、キタサンブラックに先着する2着と高く評価できる内容だった。

 昨年のオールカマーを制し臨んだ天皇賞・秋では、好位から抜け出してアルアインやキセキといった同世代のクラシックホースを完封。2度目のG1制覇を達成している。年末の有馬記念(G1)でも2着となり、JRA最優秀4歳以上牡馬に輝いた。

 しかし、今年初戦のドバイシーマクラシック(G1)は6着と惨敗。続く宝塚記念も5着と、人気を裏切る結果になってしまった。昨年と同じく秋はココから始動。この後に控えるG1戦線へ向け、良いスタートを切りたいところだ。

 香港のクイーンエリザベス2世C(G1)を制したウインブライト(牡5歳 美浦・畠山吉宏厩舎)も主役候補の1頭。

【オールカマー(G2)展望】ウインブライトVSレイデオロ! 中長距離G1路線を占う激アツの一戦!!の画像2

 今年の初戦となった中山金杯(G3)では豪快な末脚を披露。トップハンデの58キロをものともせず、自身4度目の重賞制覇を達成した。続く中山記念(G2)も見事に勝利。さらにクイーンエリザベス2世Cも、豪華メンバーを蹴散らしてタイトルを奪取している。

 5歳となり「本格化を迎えた」と考えていいだろう。中山コースは8戦して「5勝・2着2回」と抜群の相性を誇る舞台。今回も好走が期待できるだろう。

 初G1となる大阪杯で掲示板に入る活躍を見せたエアウィンザー(牡5歳、栗東・角居勝彦厩舎)も上位争いが濃厚。

【オールカマー(G2)展望】ウインブライトVSレイデオロ! 中長距離G1路線を占う激アツの一戦!!の画像3

 昨年12月のチャレンジC(G3)を圧勝し、初タイトルを獲得。続く金鯱賞(G2)は3着に敗れたが、ペルシアンナイトやアルアインといった強豪を突き放すなど自力の高さは証明した。

 念願のG1タイトルを狙った大阪杯は5着に敗れたものの、メンバーが揃った初G1で掲示板を確保。この結果は合格点と言えるだろう。秋の主役になれる可能性も十分に秘めている。

【オールカマー(G2)展望】ウインブライトVSレイデオロ! 中長距離G1路線を占う激アツの一戦!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!