NEW

【神戸新聞杯(G2)展望】サートゥルナーリアVSヴェロックス再び! 春クラシック2強に「未完の大器」武豊ワールドプレミアらが挑む

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【神戸新聞杯(G2)展望】サートゥルナーリアVSヴェロックス再び! 春のクラシック2強に「未完の大器」武豊ワールドプレミアらが挑むの画像1

 22日、阪神競馬場で神戸新聞杯(G2)が行われる。

 菊花賞トライアルの王道レースだが、近年は菊花賞(G1)だけでなく、天皇賞・秋(G1)など古馬との対決を控えた有力3歳馬の始動戦となった。実際に、一昨年に勝ったレイデオロは、そのままジャパンC(G1)で2着に好走している。

【神戸新聞杯(G2)展望】サートゥルナーリアVSヴェロックス再び! 春のクラシック2強に「未完の大器」武豊ワールドプレミアらが挑むの画像2

 今年もクラシック最終戦に限らず、秋のG1戦線を揺るがす新勢力がスタンバイ。中でもサートゥルナーリア(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)は、どこに進もうとも主役を張れる存在だ。

 母に日米オークスを勝ったシーザリオ、兄にも2頭のG1馬がいる日本屈指の超良血馬。昨年、デビュー3連勝でホープフルS(G1)を勝つと、ぶっつけ本番となった皐月賞(G1)で4連勝。世代の中心という枠を超え、歴史的名馬の誕生が期待されたが、続く日本ダービー(G1)で4着に敗れた。

 そんなサートゥルナーリアにとって、今回は前回敗れた2400m戦。ダービーの敗因が距離なのか、そうでないのか見極める一戦となる。結果次第で3000mの菊花賞か、2000mの天皇賞・秋かという選択になりそうだが、どちらに進んでも主役級の存在であることは間違いないだろう。鞍上はダービーを騎乗停止で乗れなかった主戦のC.ルメール騎手が復帰する。

【神戸新聞杯(G2)展望】サートゥルナーリアVSヴェロックス再び! 春のクラシック2強に「未完の大器」武豊ワールドプレミアらが挑むの画像3

 春のクラシックでサートゥルナーリアと互角に渡り合ったヴェロックス(牡3歳、栗東・中内田充正厩舎)も、世代を代表する1頭だ。

 今春は若駒S、若葉Sを連勝して皐月賞(G1)に挑戦。サートゥルナーリアとアタマ差の接戦を演じ、クラシックの主役の一頭に上り詰めた。続くダービーでは3着と、サートゥルナーリアを逆転。同じ2400m戦なら、再び皐月賞馬を退けても不思議はない。

 栗東のCウッドで行われた1週前追い切りでは、6ハロン82.8秒。ラストは11.7秒を記録し、併せ馬をちぎり捨てた。この動きには陣営も「折り合いをつけて反応を見ながらだったけど、順調にきている」と手応え。本番は先だが、動ける状態にはありそうだ。鞍上は、主戦の川田将雅騎手。

【神戸新聞杯(G2)展望】サートゥルナーリアVSヴェロックス再び! 春クラシック2強に「未完の大器」武豊ワールドプレミアらが挑むのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!