NEW

JRA福永祐一「センスがいい。言うことがない」大器コントレイルを絶賛! 前田幸治代表「もちろん大きな舞台を」期待馬がノーステッキ快勝

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA福永祐一「センスがいい。言うことがない」新馬コントレイルを絶賛! 前田幸治代表「もちろん大きな舞台を」期待馬がノーステッキ快勝の画像1

 15日、阪神競馬場で行われた新馬戦(芝1800m)は、1番人気のコントレイル(牡2歳、栗東・矢作芳人厩舎)が圧勝。ほとんど持ったままのレースぶりで、単勝1.7倍の人気に応えた。

 前日には、同じ阪神の芝1800mで行われた野路菊S(OP)を武豊騎手のマイラプソディが5馬身差圧勝の強烈なインパクトを残したが、この日のコントレイルの走りもまた衝撃的だった

「センスがいい。言うことがない」

 昨年のダービー馬ワグネリアンなど、数多くの名馬に騎乗してきた福永祐一騎手が、ここまで手放しで評価するのは珍しい。しかし、このディープインパクト産駒のデビュー戦は、稀代の名手が絶賛するだけの内容があった。

 9頭立てで行われたレースで、スタートを上手に出たコントレイルは好位からの競馬。1000m通過が62.7秒と新馬戦らしいスローペースだったが、最後の直線を迎えると、逃げ粘るフレーヴォをほぼ馬なりのまま交わして先頭に立ち、そのまま押し切ってしまった。

「今後が楽しみになる勝ち方でしたね。スタートのセンスもありそうですし、道中も上手く折り合いがついていました。最後の直線では、福永騎手がほとんど追わないまま先頭に。余裕のある手応えでしたし、まだまだ時計を詰めることができそうです。

ディープインパクトに米国G1馬の母系というのは成功例が多いですが、こちらも祖母フォルクローレが米BCジュヴェナイルフィリーズ(G1)の勝ち馬。仕上がりも早そうですし、まずは朝日杯フューチュリティステークス(G1)か、ホープフルS(G1)か。どちらにせよ、楽しみな存在です」(競馬記者)

 出世馬の多い阪神外回りの1800mを勝ち上がったことで、来春のクラシックが楽しみになる逸材だが、福永騎手は「スピードが勝っているタイプ」とマイル以下で活躍する可能性を示唆。「距離はやってみないと分からない」と、距離延長には慎重な姿勢を示している。

 ただ、それでも「非常に良い勝ち方」とコントレイルに対する評価は高い。オーナーのノースヒルズの前田幸治代表も「もちろん大きな舞台を目指したい」と、早くもG1の舞台を見据えているようだ。

 今年の2歳牡馬戦線は未だ主役不在と言われているが、前日のマイラプソディを含め、2頭の若駒が阪神1800mで強烈なインパクトを残した。

JRA福永祐一「センスがいい。言うことがない」大器コントレイルを絶賛! 前田幸治代表「もちろん大きな舞台を」期待馬がノーステッキ快勝のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!