NEW

JRA菊沢一樹「未成年飲酒」越えミッキースワローと飛躍!? オールカマー(G2)2強に割って入れるか

【この記事のキーワード】, ,

JRA菊沢一樹「未成年飲酒」越えミッキースワローと飛躍!? オールカマー(G2)2強に割って入れるかの画像1

 今週末の9月22日(日)に中山競馬場で開催される伝統の一戦、オールカマー(G2)。競馬ファンが注目するのは、今年4月にQE2世C(G1)を勝利したウインブライトと2007年のダービー馬レイデオロの同世代直接対決だろう。ここでの結果次第で、“世代最強”の称号がレイデオロからウインブライトに移る可能性すらある。2頭がバチバチと火花を散らすことが予想されるが、そこに割って入ることを期待されているのが、ミッキースワロー(牡5歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)だ。

 今年、ミッキースワローは始動戦となる新潟大賞典(G3)で、横山典弘騎手を背に後方から脚を伸ばし2着と好走。だが、2番人気に支持された エプソムC(G3)では10着とまさかの大敗。レース後、菊沢調教師は「馬場が緩く典型的な前残り」と展開が向かなかったと肩を落とした。

 そして陣営は次走の七夕賞(G3)で、2年ぶりに鞍上を菊沢一樹騎手に戻すことを決断。前走同様馬場が緩く、ミッキースワローには厳しいかと思いきや、それを見越していたのか、菊沢騎手は早めに動く。3角から外に出されたミッキースワローは猛然と上がり、最後の直線を先頭で迎えると、クレッシェンドラヴらの後続を抑えて押し切り勝ち。約1年ぶりとなる勝利を収めた。

 レース後、重賞初制覇を達成した菊沢騎手は「皆さんのおかげです。馬を信じて乗った結果ですし、馬に感謝したいです」と述べた。そして「思った以上に気分よく走ってくれて、いつもより前のポジションになりました」といい、それでも押し切る自信はあったが「福島の直線がこんなに長く感じたのは初めてです」と振り返った。

 ミッキースワローはデビューから、菊沢騎手が鞍上を務めていた。同馬で重賞初騎乗を果たすなど、ともに飛躍することが期待されていたものの、菊沢騎手の未成飲酒が発覚。JRAから約1カ月の騎乗停止処分が下り、これがコンビ解消の一因となったともいわれていた。その後、ミッキースワローには伯父である横山騎手が騎乗し、朝日セントライト記念(G2)を勝ち、G1競走でも掲示板に載るなど活躍を繰り広げていた。

「当時、菊沢騎手は通算31勝を超えていなかったので、G1競走に騎乗する資格はありませんでした。ですので、菊花賞出走を目指していたミッキースワローの陣営からすれば、この乗り替わりは早くから計画していて、いずれは菊沢騎手に戻すことすらも織り込み済みだったのかもしれません。ですが、飲酒事件が発覚したこともあり、菊沢騎手のイメージは悪化。管理するのは父の菊沢隆徳調教師ですが、世間の注目も高まった以上、戻したくとも戻せなかったのでしょう。

 それから2年が経ちましたが、前々走に大敗したこともあり、ようやく菊沢騎手の手元に戻ってきましたね。今年は、菊沢騎手はキャリアハイを更新するペースで勝利を積み重ねていますし、重賞初制覇も達成。以前よりも自信もついているはず。相手は強化されますが、ここでもやってくれるでしょう(競馬誌ライター)

 前走後に菊沢騎手は涙を流しつつ関係者に感謝の言葉を述べ、さらに「父の菊沢隆徳先生にはデビューしてからいろいろ迷惑をかけてしまっていました」と明かしている。同馬に懸ける思いは人一倍強いはずだ。菊沢騎手はミッキースワローで再度、父に受賞勝利を捧げることができるだろうか?

JRA菊沢一樹「未成年飲酒」越えミッキースワローと飛躍!? オールカマー(G2)2強に割って入れるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  2. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  3. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  4. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  5. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  6. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  7. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  8. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  9. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  10. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと