NEW

JRA名馬「たてがみ切断事件」ビワハヤヒデも……バカすぎ犯人を待ち受ける「厳罰」

【この記事のキーワード】, ,

JRA名馬「たてがみ切断事件」ビワハヤヒデも……バカすぎ犯人を待ち受ける「厳罰」の画像1

 1993年、94年にG1を3勝した名馬・ビワハヤヒデのたてがみが「切られた」と、報道された。

 けい用先の北海道日高町の「日西牧場」関係者は「デイリースポーツ」の取材に「横に10センチくらいバッサリ切られました。たてがみも短い馬なので」と応えている。

 ここ最近連続している「名馬のたてがみ切断」事件。15日には日高町の「ヴェルサイユファーム」でタイキシャトル、ローズキングダム、18日には「うらかわ優駿ビレッジ・アエル」でウイニングチケットがたてがみを切られている。一部は「メルカリ」に出品もされていた。

 同一犯なのか、悪意の連鎖なのか……判然としないことが多いが、いずれにせよ競馬ファンからすれば到底許すことができない行為であり、早く犯人が捕まることを祈りたい。

「『厳罰に』という意見は非常に多い状況ですが、今回のように動物への虐待ともいえる行為への処罰は実際に厳しいです。

動物愛護法では『第四十四条  愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、二年以下の懲役又は二百万円以下の罰金に処する。』とあり、刑法では『第二百六十一条  前三条に規定するもののほか、他人の物を損壊し、又は傷害した者は、三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金若しくは科料に処する。』と、器物損壊の罪にも問われる可能性があります。

何にせよ、こうした一部の心ない人間のせいで、牧場側が気軽に一般見学をできなくなってしまいかねないのは深刻です。牧場の行為を踏みにじるような人間をファンとはいいませんからね」(競馬誌ライター)

 何が目的なのか、ストレス解消なのか。いずれにせよ犯人が「ただのバカ」であることは疑いようのない事実だ。ぜひとも捕まり、法の裁きと競馬ファンや牧場への謝罪を願いたい。

JRA名馬「たてがみ切断事件」ビワハヤヒデも……バカすぎ犯人を待ち受ける「厳罰」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  2. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  3. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  4. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  5. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  6. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  7. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  8. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  9. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  10. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと