NEW

JRAオールカマー(G2)福永祐一がレイデオロに不満!? 関係者絶賛馬で三連単勝負決行!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週末に開催予定のオールカマー(G2)に、「現場の声を重視するブロディN」が挑戦。極秘ルートから入手した有力「現場情報」から的中を狙う。

 人気を集めそうなのは、昨年の王者レイデオロ(牡5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)。昨年はここを勝ち、天皇賞・秋(G1)優勝、有馬記念(G1)2着と結果を残した。今春は不調だったが、ここから巻き返したいところだ。

 しかしながら、今回は露呈した気性難、C.ルメール騎手から福永祐一騎手への乗り替わりなど、不安材料も多い。その福永騎手は最終追い切りに駆けつけ、「さすがの馬体。頭が良くて力の抜きどころも分かっている感じ」とコメントを残した。

 だが、これはあくまでマスコミ向け。本音は別にあるといい、ある関係者は「近しい人には『もっとガツンと来るものがあると思っていた』と明かし、さらに『悪い意味で乗りやす過ぎるね。走る馬はもっと唸るくらいでいい』と渋い表情を浮かべていたよ」と慎重な姿勢を崩さない。馬券妙味も考慮し、“切り”と判断した。

 そこで今回、本命「◎」に選んだのは、世界の強豪を撃破したウインブライト(牡5歳、美浦・畠山吉宏厩舎)だ。

 今年に入って中山金杯(G3)を見事な末脚で勝利すると、続く中山記念(G2)も連勝。勢いそのまま向かったQE2世C(G1)では4番人気ながら、インにつけてロスなく進むと、残り100mから先頭へ。リスグラシュー、昨年の香港ヴァーズ(G1)勝ち馬エグザルタントらの猛追をしのぎきって勝利。海外G1の舞台で大金星をあげた。

「QE2の前にはカイバ食いが落ちていて、状態はけして良くなかったといいます。ですが、それでも世界の強豪を撃破。能力の高さを見せつけましたね。

 今回は牧場サイドで土台を作らず、1から厩舎で立ち上げてきたそうです。当初は夏場だったということもあり、見栄えや覇気はひと息だったものの、スタッフは『松岡騎手を背にウッドコースで追われ始めたら、戦闘モードになってきました』と明かしています。休み明け、さらに距離延長が気になりますが『得意の中山なら2200mにも対応できる』と強気でしたよ」(美浦関係者A)

「○」には調子を上げつつあるミッキースワロー(牡5歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)を指名した。

 ミッキースワローは横山典弘騎手を背に、始動戦の新潟大賞典(G3)で2着。だが、2番人気に支持されたエプソムC(G3)は、馬場が緩く、後ろから競馬をする同馬には展開が向かず、10着と大敗を喫した。

 前走の七夕賞(G3)では横山典騎手から、デビュー戦からしばらく手綱を握っていた菊沢一樹騎手にチェンジ。前走同様、緩くなった馬場に苦戦するかと思いきや、早めに動くと最後の直線を先頭で迎え、後続を抑えて優勝。約2年ぶりに勝利を上げた。

「前走はトップハンデを背負いながら、流れにうまく乗り、強い競馬を見せてくれました。その後、放牧に出されて疲れもとれたようで、陣営は『帰厩後も元気一杯』と話していましたよ。

 週末は雨予報ですが、菊沢調教師は『今の中山の馬場は凄くコンディションがいい。少々の雨なら問題なし』と意に介しておらず、また『この条件は何度も経験済み。やってくれると思う』と明かしていました」(競馬誌ライター)

JRAオールカマー(G2)福永祐一がレイデオロに不満!? 関係者絶賛馬で三連単勝負決行!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!