NEW

JRA神戸新聞杯(G2)サートゥルナーリア不要の「2点」勝負! 有力「現場ネタ」から見えた「穴馬券」!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週「現場情報至上主義・ジェームスT」が挑むのは、22日に開催される神戸新聞杯(G2)だ。クラシック最終戦となる菊花賞のトライアルレースを、入手した渾身の「現場情報」で完全攻略したいと思う。

 やはり注目は皐月賞馬サートゥルナーリアだろう。

JRA神戸新聞杯(G2)サートゥルナーリア不要の「2点」勝負! 有力「現場ネタ」から見えた「穴馬券」!!の画像1

 日本ダービー(G1)は出遅れの影響で敗れたが、それでも4着に入った能力は桁違いだ。「平常心で挑めるよう対策」と陣営はコメント。この敗戦を活かして秋初戦を迎える。

 相変わらず稽古の動きは絶品と、ココでも主役候補であることは間違いないが……。

「旨味ある配当」を掴むために「切り」と判断した。「有力ネタ」を持った勝負馬が、サートゥルナーリアより先着する可能性に賭けたい。確信の「2点」勝負を決行だ。

 本命◎に選んだのは、ダービー3着馬ヴェロックス(牡3、栗東・中内田充正厩舎)だ。

JRA神戸新聞杯(G2)サートゥルナーリア不要の「2点」勝負! 有力「現場ネタ」から見えた「穴馬券」!!の画像2

 今年の初戦となった若駒S(OP)を完勝。続く若葉S(OP)も後続に3馬身差を付け圧勝してみせる。その勢いで臨んだ皐月賞では、サートゥルナーリアの斜行による不利を受けるも粘り強い走りで2着を確保。地力の高さを改めて証明してみせた。

 大一番のダービーは外を回るロスがありながらも、勝ち馬ロジャーバローズとの差はわずか0.4秒。サートゥルナーリアを抑えての3着という結果は、十分に評価できる。

 さらに多くの関係者から「鉄級」宣言が浮上。ココは頭固定でいいだろう。

「馬体がパワーアップしているけど『全く太目感はない』と陣営はコメント。愛馬の成長に確かな手応えを掴んでいるようだ。最終追い切りの動きも上々。『鞍上との呼吸もピッタリ』『折り合いもスムーズ』と仕上がりの良さをアピールしていた。

距離に対する不安もないしね。ダービーでサートゥルナーリアに勝っている点もプラス材料。『この距離なら勝負になる。いい形で菊花賞へ向かいたい』と勝負気配の雰囲気は明るい。今回は逆らえないでしょ」(競馬関係者)

JRA神戸新聞杯(G2)サートゥルナーリア不要の「2点」勝負! 有力「現場ネタ」から見えた「穴馬券」!!のページです。GJは、競馬、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!