NEW

【スプリンターズS(G1)展望】秋のG1戦線開幕!「重賞3勝」ダノンスマッシュVS「夏王者」タワーオブロンドンなど見所満載!!

 29日には、中山競馬場で秋のG1シーズン開幕戦となるスプリンターズS(G1)が行われる。今年もスプリント王の座を目指し実力馬が集結。この重要な1戦へ、出走予定の注目馬を取り上げたい。

 人気を集めそうなのは、キーンランドC(G3)を制し重賞3勝目をあげたダノンスマッシュ(牡4歳、栗東・安田隆行厩舎)だ。

【スプリンターズS(G1)展望】秋のG1戦線開幕!「重賞3勝」ダノンスマッシュVS「夏王者」タワーオブロンドンなど見所満載!!の画像1
JBISサーチ公式サイト

1200mの成績は6戦して4勝、2着1回と安定感抜群の本馬。3月の高松宮記念(G1)は4着に敗れたが、前走のキーンランドCは直線で外から差し切って勝利を収めた。

 5か月ぶりの実戦ながら無事に結果を出すことに成功。セントウルS完勝のタワーオブロンドンを下し、改めて資質の高さを証明した。G1タイトル奪取はもう目前。本格化した実力馬が、大一番に出陣する。

 相手筆頭は、セントウルS(G2)覇者タワーオブロンドン(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)だろう。

【スプリンターズS(G1)展望】秋のG1戦線開幕!「重賞3勝」ダノンスマッシュVS「夏王者」タワーオブロンドンなど見所満載!!の画像2

 2歳時に京王杯2歳S(G2)、3歳時にもアーリントンC(G3)を制覇している本馬。今年の函館スプリントS(G3)とキーンランドCは惜しくも敗れたが、上がり最速の末脚を炸裂させるなど力は示している。

 前走のセントウルSはレコードで快勝。見事にサマースプリントシリーズの王者の座を射止めることに成功した。ローテーションは詰まっているが、稽古では軽快な動きを披露と状態面に不安は感じられない。2走前に敗北しているダノンスマッシュとの逆転も十分にあり得る。

 快速馬モズスーパーフレア(牝4歳、栗東・音無秀孝厩舎)も注目したい1頭だ。

 昨年の9月から5戦連続で馬券圏内(3勝を含む)を確保と、本格化を迎えた印象の本馬。3月のオーシャンS(G3)では、1分7秒1という高速タイムで逃げ切って勝利と内容も高く評価できる。

 満を持して臨んだ高松宮記念(G1)は、2番人気に推されるも15着と大敗。前走の北九州記念(G3)も4着に敗れたが、プラス26キロという状態で上位争いを演じた点は無視できない。能力の高さは疑いようがないだろう。仕切り直しで臨む今回は好走必至だ。

【スプリンターズS(G1)展望】秋のG1戦線開幕!「重賞3勝」ダノンスマッシュVS「夏王者」タワーオブロンドンなど見所満載!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  3. JRAオークス(G1)はサークルオブライフ&M.デムーロが勝つ! 勝利を後押しする4つの圧倒的要素とは?
  4. JRA【平安S(G3)予想】大本命テーオーケインズから紐荒れ狙いで「好配当」狙う穴馬をピックアップ
  5. 「川田が選んだ」で過信禁物!? アートハウスが過大評価と言えるワケ
  6. JRA「桜花賞組を狙えばOK」は時代遅れ!? オークス(G1)「3年連続」波乱を呼び込む馬たちの「共通点」とは
  7. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  8. JRAオークス(G1)川田将雅「致命的」な選択ミス!? 桜花賞組の優位動かず…アートハウスに「足りないもの」とは何だったのか
  9. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  10. JRAジャングロ、デュガで「やっちまった」武豊に朗報!?「帰ってきた」短距離界の大物候補との再コンビ結成に“熱視線”!