NEW

Mリーグ「実況」松嶋桃が2019シーズンを語る! 実況者としての「挑戦」、そして麻雀プロとしての「覚悟」とは

【この記事のキーワード】, , ,
Mリーグ「実況」松嶋桃が2019シーズンを語る! 実況者としての「挑戦」、そして麻雀プロとしての「覚悟」とはの画像1
2シーズン目を迎える『麻雀・Mリーグ』に欠かせない「実況」松嶋桃が登場!

 いよいよ、9月30日の開幕が近付いてきた麻雀・大和証券Mリーグ2019。

 今シーズンは出版大手の『KADOKAWA』が新たに参戦するなど、早くも多くの話題を呼んでいる大注目のリーグ戦だが、今回はその中でも「実況」という、極めて重要な役割を担う松嶋桃(日本プロ麻雀協会)さんをゲストに話を聞いた。

 昨シーズン、そして今シーズンと、今や実況者としてMリーグ中継に欠かせない存在となった松嶋さん。だが、その一方で、彼女はMリーガーに憧れて当然の現役麻雀プロでもある。

「昨年Mリーグの実況をお願いしますと言われたときに、麻雀プロとしては一つ『覚悟』をして受けました」

 実況者として目の前の役割に全力を尽くしながらも、麻雀プロとしての夢も追い続ける彼女ならではの“思い”に迫った。

――間もなくMリーグが2年目のシーズンを迎えます。今シーズンも実況を担当される松嶋さんにとって、昨シーズンはいかがでしたか?

松嶋桃さん(以下、松嶋):ひたすら試行錯誤を続けたような一年でしたね。1シーズン終わって、いろいろ反省する点はあるんですけど、1試合をビデオで振り返るだけでも「もっと、こうした方がよかったな」と思える点がたくさんあって……。

――もっと、こうした方がよかった。

松嶋:例えばMリーグの中継って、すごくカメラがたくさんあるんですね。手牌だけじゃなく、選手の表情を映し出すシーンがすっごく多い! それはきっと番組の意図というか、方針のようなものがあってのこと。それを実況者として「もっと、ちゃんと拾えたんじゃないかな」という反省はいくつかあります。

場面、場面で、どのカメラの映像を映すのかはスイッチャーさんが選択するんです。例えば二階堂亜樹さんが考えてる表情であったり、小林剛さんの表情が変わらないところであったり、いずれにせよ意図があって(シーンが)抜かれているわけですから、実況としてはパッと瞬時に反応して言及しないと。

Mリーグ「実況」松嶋桃が2019シーズンを語る! 実況者としての「挑戦」、そして麻雀プロとしての「覚悟」とはのページです。GJは、麻雀、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 麻雀
  • 総合
  1. 多井隆晴×瀬戸熊直樹「最強位」のMリーグ対談! 禁断の「お前、ダサかったなあw」で号泣・多井がまさかのV字復活!? TEAM雷電「逆転ファイナル」が現実的な2つの理由
  2. Mリーグ小林剛×黒沢咲、ついに初対談!「鳴くか、鳴かざるか」麻雀の永遠のテーマに迫る
  3. 多井隆晴×佐々木寿人、Mリーグ開幕直前「No.1対談」実現! 通算「+922.1pt」VS「+803.1pt」2大エースは何故勝てるのか……見えた「強者」の共通点
  4. 多井隆晴×松ヶ瀬隆弥、Mリーグ対談! 絶好調の「繊細なる超巨砲」は崖っぷちMリーガー!?「最低+200がノルマ」ビッグマウスの真意とは
  5. 多井隆晴「断固」ABEMAS宣言! 激動のオフシーズン滝沢和典「電撃退団」に白鳥翔が感じた「Mリーグに足りないもの」とは【渋谷ABEMAS全員集合インタビュー前編】
  6. 牌の質感や音までもリアルな麻雀
  7. KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大「卒業」に秘められた思いを告白。「100m歩くのに10分もかかった」盟友・佐々木寿人にさえ明かさなかった満身創痍の3年間
  8. 今、明かされるMリーグ2020白鳥翔・松本吉弘・日向藍子、それぞれの「涙」の理由。多井隆晴「5連闘」轟沈で、まさかの号泣終幕から2ヵ月【渋谷ABEMAS全員集合インタビュー後編】
  9. 小林剛×多井隆晴が新設『Mリーグ』を語り尽くす! 何故「コバゴーは勝てるのか」麻雀のセオリーを覆す「正論」に驚愕!?
  10. Mリーグ「新生」KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎を渋谷ABEMAS白鳥翔が直撃! 「あのロゴ、やっべええ!!」魔法少女が憧れる最強の「情報発信力」【Mリーグ場外対談】
  11. EX風林火山・滝沢和典「大復活」はシナリオ通り!? 渋谷ABEMAS“予言者”白鳥翔が語る「4着回避率トップ」の理由 麻雀Mリーグ【場外対談企画】