NEW

Mリーグ「実況」松嶋桃が2019シーズンを語る! 実況者としての「挑戦」、そして麻雀プロとしての「覚悟」とは

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Mリーグ「実況」松嶋桃が2019シーズンを語る! 実況者としての「挑戦」、そして麻雀プロとしての「覚悟」とはの画像1
2シーズン目を迎える『麻雀・Mリーグ』に欠かせない「実況」松嶋桃が登場!

 いよいよ、9月30日の開幕が近付いてきた麻雀・大和証券Mリーグ2019。

 今シーズンは出版大手の『KADOKAWA』が新たに参戦するなど、早くも多くの話題を呼んでいる大注目のリーグ戦だが、今回はその中でも「実況」という、極めて重要な役割を担う松嶋桃(日本プロ麻雀協会)さんをゲストに話を聞いた。

 昨シーズン、そして今シーズンと、今や実況者としてMリーグ中継に欠かせない存在となった松嶋さん。だが、その一方で、彼女はMリーガーに憧れて当然の現役麻雀プロでもある。

「昨年Mリーグの実況をお願いしますと言われたときに、麻雀プロとしては一つ『覚悟』をして受けました」

 実況者として目の前の役割に全力を尽くしながらも、麻雀プロとしての夢も追い続ける彼女ならではの“思い”に迫った。

――間もなくMリーグが2年目のシーズンを迎えます。今シーズンも実況を担当される松嶋さんにとって、昨シーズンはいかがでしたか?

松嶋桃さん(以下、松嶋):ひたすら試行錯誤を続けたような一年でしたね。1シーズン終わって、いろいろ反省する点はあるんですけど、1試合をビデオで振り返るだけでも「もっと、こうした方がよかったな」と思える点がたくさんあって……。

――もっと、こうした方がよかった。

松嶋:例えばMリーグの中継って、すごくカメラがたくさんあるんですね。手牌だけじゃなく、選手の表情を映し出すシーンがすっごく多い! それはきっと番組の意図というか、方針のようなものがあってのこと。それを実況者として「もっと、ちゃんと拾えたんじゃないかな」という反省はいくつかあります。

場面、場面で、どのカメラの映像を映すのかはスイッチャーさんが選択するんです。例えば二階堂亜樹さんが考えてる表情であったり、小林剛さんの表情が変わらないところであったり、いずれにせよ意図があって(シーンが)抜かれているわけですから、実況としてはパッと瞬時に反応して言及しないと。

Mリーグ「実況」松嶋桃が2019シーズンを語る! 実況者としての「挑戦」、そして麻雀プロとしての「覚悟」とはのページです。GJは、麻雀、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!