NEW

JRA「怖すぎ3歳牝馬」ディアンドルここで一撃は? スプリンターズS(G1)でも不気味な理由

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:ディアンドル/『JBISサーチ』より

 今週末のスプリンターズS(G1)には、4頭の3歳牝馬がエントリー。その中で最も注目を集めていたグランアレグリアは無念の回避となったものの、侮ると怖い若駒はまだいる。それがディアンドル(牝3歳、栗東・奥村豊厩舎)だ。

 ディアンドルは父ルーラーシップ、母グリューネワルト、母父スペシャルウィークという血統を持つ。所有するのはシルクレーシングで、1口3.2万円で500口が募集されていた。

 中京競馬場で行われた2歳新馬こそ2着に終わったディアンドルだが、その後、未勝利、カンナS(OP)、クリスマスローズS(OP)、マーガレットS(L)、そして葵S(G)とスプリント戦で破竹の5連勝を達成。スプリント界の新星として期待され始めた。

 そして夏は北九州記念(G3)で古馬に挑戦。好位追走から最後の直線で抜け出し、一度はトップに立ったものの、外から強襲したダイメイプリンセスの激走に屈して2着。それでも古馬相手に五分に渡り合えることを証明した。

「今回の斤量差は魅力的。過去10年で3歳牝馬は勝利こそないものの、昨年は11番人気のラブカンプーが2着、3年前も人気薄のソルヴェイグが3着に入るなど、若い牝馬の上位進出の例もあります。今年、ディアンドルが馬券圏内に入っても不思議はないですよ」(競馬誌ライター)

 栗東の坂路で1週前追い切りを行ったディアンドルは、馬なりで4F55秒3、終いに鋭く切れて11秒8を記録。奥村豊調教師は、短期放牧に出したことで疲れも抜けたと話し、「しっかりと反応していました。間隔を取っているので変動なく順調に調整できています」と明かす。

「これまで7戦はすべてスプリントで5勝2着2回と高い適性を見せています。またデビュー当初は逃げ一辺倒だったものの、最近になって控える競馬も覚え始めたようで、葵S後に今回も手綱を握る藤岡佑介騎手は『(近走で)控える競馬をしていたのが良いほうに向いたと思います』とその成長を語っていました。スタートセンスもいいので大きく崩れることも少ないはず。

 ただ北九州記念をステップにスプリンターズSに向かった馬は過去10年で[0-0-0-9]と苦戦中。データ的には不利ですが、ディアンドルにはこれを覆すような走りを見せてもらいたいです」(競馬記者)

 ディアンドルは昨年のラブカンプーのように馬券圏内に進出することはあるのだろうか? 3歳牝馬の挑戦を応援したい。

JRA「怖すぎ3歳牝馬」ディアンドルここで一撃は? スプリンターズS(G1)でも不気味な理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!