NEW

JRAウインブライト「超絶苦手」天皇賞・秋出走明言も「大敗立て直し」困難か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRAウインブライト「超絶苦手」天皇賞・秋出走明言も「大敗立て直し」困難かの画像1

 前走オールカマー(G2)をブービーの9着に敗れたウインブライト(牡5 美浦・畠山吉宏厩舎)が、10月の天皇賞・秋(G1)に出走することがわかった。

 今春の香港クイーンエリザベス2世C(G1)を強豪相手に勝利し、凱旋のレースとなったオールカマー。大得意とする中山ということもあって、レイデオロに次ぐ2番人気となったが、まったく見せ場なく敗れてしまった。

 松岡騎手は「(距離が)長いな。位置取りも完璧。この馬の形で運べたけど、4角でたれてしまった」と2200mを敗因にあげたが、2000mの重賞を3勝している馬が、わずか200mの延長であそこまでへたれるものなのか……と、疑問は尽きない。

 ただ、陣営も後に「敗因は仕上げにあった」とスポーツ紙の取材で認めており、+11キロという点からも万全でなかったことは事実のようだ。

 だが、天皇賞・秋は、過去に良績がほとんどない「東京・左回り」である。

「2歳時の未勝利戦勝利を除けば、東京での3走はいずれも二桁着順に終わっています。日本ダービー、富士Sは距離適性がありますが、得意距離である1800mの毎日王冠でも惨敗しているのを見るに『左不安』はどうしても出てしまいますね。

香港G1を制したことでその能力が覚醒、オールカマーの結果次第では東京でも無視できない状況になっていたでしょうが、結果は大敗。やはり人気は大きく落ちるでしょうね」(競馬誌ライター)

 在厩調整が不安視され、それが的中したという意見も。いずれにせよ「簡単に立て直せるのか」という不安は拭えない。

 それでも「何をしでかすかわからない」ステイゴールド産駒ではある。さあ、秋の盾でどうなるウインブライト。

JRAウインブライト「超絶苦手」天皇賞・秋出走明言も「大敗立て直し」困難かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!