NEW

JRA「ダイヤモンド妹」リナーテついにG1挑戦! スプリンターズS(G1)で秘めたる力解放へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:リナーテ/『JBISサーチ』より

 29日(日)に中山競馬場で開催されるスプリンターズS(G1)に出走するリナーテ(牝5歳、栗東・須貝尚介厩舎)。デビュー時から、あのサトノダイヤモンドの半妹として注目された同馬が、ついにビッグタイトルに挑戦する。

 サトノダイヤモンドとは違い、ステイゴールド産駒のリナーテ。半兄がクラシックで好走していたため、注目度は同世代の中でもトップクラスだった。だが初戦こそ快勝したものの、2走目のデイリー杯2歳S(G2)で6着に終わる。そしてその後も凡走が続き、ついに牝馬クラシックへの出走は叶わなかった。

 そのリナーテの素質が開花しはじめたのは、昨年からだった。スポニチ賞(1000万下)、白秋S(1600万下)とスプリント戦を連勝すると、暮れには2年ぶりの重賞挑戦となるターコイズS(G3)へ。ここでは距離延長が堪えたのか7着と結果を出すことが出来なかったものの、この敗戦で陣営は本格的にスプリントで戦っていく決意を固めたようだ。

 今年の初戦である京都牝馬S(G3)では勝ち馬デアレガーロから0.1秒差の2着、スプリングC(G2)でもタワーオブロンドンに0.1秒差の2着と好走。重賞初勝利も期待された函館スプリントS(G3)は薬物騒動の余波を受けて除外となってしまったものの、仕切り直しの1戦となったUHB賞(OP)では、後方から脚を伸ばして見事勝利。さらに中1週で向かったキーンランドC(G3)では、勝ち馬ダノンスマッシュ、2着タワーオブロンドンらと互角の戦いを繰り広げて、3着に入るなど結果を残している。

「リナーテはスプリントに活路を見出しました。スプリンターズSが初G1挑戦となり、人馬ともに気合いが入っているのか、2週前追い切りは坂路で4F49秒と自己ベストとなる猛時計を叩き出しています。中間でしっかりと負荷がかけられたので、最終は輸送のことも考えられて馬なりだったものの、それでも4F53秒0、ラスト12秒4をマーク。すこぶる順調にきているようで、須貝調教師も『デキとしては申し分ない』と太鼓判を押していますよ。

 重賞未勝利馬ですが、有力視されているダノンスマッシュやタワーオブロンドンらをあと一歩まで追い詰める走りを見せた経験もあり、侮れない存在。先行争いが激化して、ペースが早くなるなど展開が向けば、上位進出もあり得るだけの力は秘めていますよ」(競馬誌ライター)

 遅れてきた素質馬は、ここで大輪の花を咲かせることができるか?

JRA「ダイヤモンド妹」リナーテついにG1挑戦! スプリンターズS(G1)で秘めたる力解放へのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!