NEW

まさに「西高東低」昨年のスプリンターズSも関西馬が上位独占!今年最も注目の関西馬とは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8月~9月の重賞では、関西馬が20戦14勝と圧倒的な強さをみせている。

「西高東低」

 さまざまな場面で使われるこの言葉は、国民のほとんどのみなさんが知っている言葉だろう。天気が乱れやすいこの時期はとりわけよく耳にするかもしれない。

 この言葉はスポーツ界でも使われる機会は多い。特に学生スポーツの大きな大会などでは、関西や九州勢の成績が数年間上位を独占するような時にこの言葉が使われる印象だ。

 そして、プロスポーツの世界でもこの「西高東低」はよく使用される。その中でももっともこの言葉が当てはまる業界があることをご存知だろうか。

 それが「中央競馬(JRA)」だ。

 中央競馬は各競走馬の拠点が栗東(滋賀県)と美浦(茨城県)に分かれており、栗東の厩舎に所属する馬は関西馬、美浦に所属する馬は関東馬として扱われる。それぞれのトレーニングセンターの設備も違えば文化も違うのが現状だ。

 とはいえ「同じ競走馬でしょ?」と思う方も多いに違いない。東西の違いだけでそこまで差が出るわけではないだろうと。

 しかし、数字を見てみると、その「差」がいかに歴然であるかがわかる。2019年9月9日時点での中央競馬の東西勝利数は「関西馬:1401勝」「関東馬:1048勝」と、約1.4倍近く開きがある。G1、G2など重賞に至っては「関西馬:60勝」「関東馬:29勝」と倍以上の勝利数を関西馬が獲得しているのだ。別に東西でレース数が多い少ないというのはない。平等な状況での数字である。

 この数字から読み解けることは「関西馬のほうが関東馬より圧倒的に強いこと」と「重賞やハイレベルな舞台だとより大きな差が出る」という明確な事実だ。

 競馬界における西高東低は、今に始まったことではない。もう20年以上、関西馬が競馬界を席巻しているのは、紛れもない事実だ。そしてそれは、今後も変わらないだろう。

 と、ここまで語ったのは、競馬をそこまで知らない方が読んだ際の予備知識としてである。そして、上記を土台に、今週末29日に開催されるスプリンターズS(G1)を、より楽しんでいただくためだ。

 秋G1シーズンの開幕、ならびに秋の短距離王決定戦として注目されるこのスプリンターズS。このレースもまた、とにかく関西勢が強いレースとして知られている。

 特に昨年は関西馬が16頭出走し「1着~5着」を独占。ついでにいえば上位5頭に騎乗していたジョッキーも全員関西所属だった。スプリンターズSが関西馬にとっての独壇場であることは、これだけでも十分にわかる話である。「重賞やハイレベルな舞台だとより大きな差が出る」の一つの証明といえるかもしれない。

 こうなると「スプリンターズSは関西馬中心の馬券を」と多くの人が思うかもしれない。が、事はそう簡単でもない。関西馬を中心に買うという視点は正しいが、それでも出走馬の半数以上が関西馬となるケースも多い現状、そこから「2~3頭」を選び抜くというのは至難の業だ。競馬新聞やメディアを見ても、大きな解決策にはならないだろう。

 そこで出てくるのが、この業界で長きにわたり「関西馬中心の情報」で数多の的中を生み出してきた情報会社「チェックメイト」だ。

「チェックメイト」は古くから関西に腰を据え、業界に幅広い人脈を持つ情報会社。その幅の広さは他の追随を許さないもので、騎手関係、厩舎関係、馬主関係、牧場関係、外厩関係など、様々な情報網を駆使し、馬券で結果を出す為に最も大切な『関西馬』の情報、関西陣営の『ホンネ』を入手できる

 栗東トレセンの目と鼻の先に本拠地を構え、騎手として日本ダービーを制し、調教師としてオークスを制する偉業を達成した【清水久雄】を筆頭に、業界でいまだカリスマ性を有する著名なスタッフを情報網としている。業界内でこれほど「盤石」な情報会社は「チェックメイト」をおいて他にない、と誰もが口をそろえるのだ。

 今回のスプリンターズSでも「混戦に思えるかも知れないけど、ウチの馬の1強だよ。スムーズな競馬ができればまず勝てると思う」や「馬が本当に良くなっている。心身ともにパワーアップしているので、まず勝ち負けに持ち込めると見ています」など、数多くの有力情報が入っており、先日の最終追い切りを経て情報はすでに「完成」しているようだ。

 実際に、その「チェックメイト」が生み出した過去の的中例、その理論を見てみよう。

関西馬が上位を独占したNHKマイルCも見事的中!

——————
●NHKマイルC(G1)
——————
◎アドマイヤマーズ(友道厩舎)
3連複:9万7390円的中
馬連:1万7200円的中

圧倒的1番人気の関東馬グランアレグリアではなく、

・当初からココが春の大目標だった
・同馬にとってのあらゆる好走条件が揃った一戦
・「馬体、雰囲気ともに皐月賞以上。100%の状態ですよ」と厩舎関係者が自信満々

という関係者のホンネとともに、関西馬アドマイヤマーズ(栗東・友道)を本命公開!

2着には、14番人気の超人気薄ながらケイデンスコール(栗東・安田隆)が入線しましたが、新潟2歳S勝ちを含む(2-1-0-0)の左回り替わりで、

「使った上積みはあるし、広くて直線の長い東京で上手く終いの脚を使えれば」

という関係者の色気アリの声を公開していまいした。

3着のカテドラル(栗東・池添学)は7番人気ながら、前走のアーリントンCが勝ちに等しい競馬で「マイルに距離を短縮してようやく力を見せてくれた。今回も脚をタメるだけタメる競馬で」と一発を狙っていた関係者のホンネを公開しています。

その結果、人気の関東馬ではなく、関西馬3頭が上位独占。9万馬券の的中となりました。

——————

 栗東所属馬が上位独占したレースを、明確な情報と理論で見事的中に導いている。この内容だけでも、「チェックメイト」がいかに信頼に足る情報会社かわかるというものだ。当然、この夏も関西馬を軸に数多くの的中を生み出し続けている。

 そんな、西日本では敵なしともいわれる「チェックメイト」だが、令和初の秋G1戦線に際し、今回「全国規模」での無料会員募集を正式に決めたという。

今年も本物の「関西馬情報」で11万馬券など、多数の万馬券的中を仕留めている。

 今回無料で提供されるのは【無料公開!スプリンターズSの勝負買い目】であり、ここまで語ってきた情報網を駆使した「チェックメイト」の真髄を堪能できるというわけだ。

 また、レース前日の夜に公開している『ワンコイン投資プラン』やレース当日の昼に公開している『タネ銭レース』といった買い目情報も無料で利用することが可能だ。これらのサービスもまた、「チェックメイト」の地盤を軸に生み出された極めて価値あるコンテンツといえる。

 先週のオールカマーでも、関西馬の◎スティッフィリオ(音無厩舎)、○グレイル(野中厩舎)から勝負馬券を公開。関西馬が実力を示し、断然人気の関東馬レイデオロ、ウインブライトが馬券圏外に敗れ、3連単5万4310円、3連複8450円、馬連2240円を的中。「本物の関西馬情報を入手すれば馬券で勝つことができる」ことを結果で証明している。

 秋の競馬を全力で楽しむためにも、まずは「スタートダッシュ」。大規模サービス公開に踏み切った「チェックメイト」の心意気を堪能するチャンスが、目の前にある。

CLICK → 【無料公開!スプリンターズSの勝負買い目】チェックメイト

※本稿はPR記事です。

まさに「西高東低」昨年のスプリンターズSも関西馬が上位独占!今年最も注目の関西馬とは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!