NEW

【シリウスS(G3)展望】JRAダートの期待馬集結! タイムフライヤー再度ダート挑戦

【この記事のキーワード】, ,

【シリウススS(G3)展望】JRAダートの期待馬集結! タイムフライヤー再度ダート挑戦の画像1

 阪神開催の最終週となる28日(土)に、秋のダート重賞の開幕戦となるシリウスS(G3)が開催される。オメガパフュームやアウォーディーがこのレースで重賞初制覇を飾り、以降ダートG1を制覇するなど活躍馬のステップレースとしても知られているレースだ。

 まず注目したいのが、エルムS(G3)で重賞初制覇を飾ったのがモズアトラクション(牡5歳、栗東・松下武士厩舎)だ。

 今年5月の平安S(G3)で12番人気の低評価を覆しての2着を皮切りに、前々走のマリーンS(OP)も2着するなど、本格化の片鱗を見せてのエルムS挑戦となった。レースでは後方から徐々に進出していき、上がり最速の脚を使って一気に差し切っての勝利だった。平安Sから4戦続けて上がり最速をマークしており、この鋭い末脚を武器に重賞連覇を狙う。

 メンバー中、唯一のG1馬であるタイムフライヤー(牡4歳、栗東・松田国英厩舎)も注目の1頭だろう。

 2歳時にホープフルS(G1)を快勝。クラシックの有力候補の一角と見られたが、クラシックではいいところがなかった。明けて4歳初戦の中山金杯(G3)ではかろうじて掲示板は確保したものの、次戦の京都記念(G2)では着外に沈んだ。ここからダートへ路線変更し、迎えた前走のエルムSだったが前目で競り合う展開となり、6着と結果を残せなかった。

 しかし、ダート初戦だったということもあり、この1戦で見限るのは早いだろう。鞍上もC.ルメール騎手に乗り替わり、陣営の期待度がうかがい知れる。

 今年に入ってダート戦で好走を見せているアングライフェン(牡7歳、栗東・安田隆行厩舎)も見逃せない。

 今年2月のアルデバランS(OP)を勝利し、中2週で挑んだ仁川S(L)を3着。一息入れた5月のブリリアントS(L)では再び勝ち星を挙げた。前走のスレイプニルS(OP)では1番人気に推されながらも4着に終わったが、今まで背負ったことのない58㎏というトップハンデが影響したと思われる。

 今回もトップハンデが予想されるが、鞍上には川田将雅騎手を迎え、こちらも万全の態勢でレースに臨む。

 3歳馬で唯一の参戦となるマッスルビーチ(牡3歳、栗東・鈴木孝志厩舎)。

 デビュー戦からダートを使われ続け、過去6戦で一度も掲示板を外したことがないという堅実さが魅力。東京の3歳500万下と2勝クラスの特別戦を連勝しての挑戦となる。格上ではあるが、阪神コースは4戦して2勝2着1回と相性もいい。2000mは初距離となるが、これまで1800m戦を中心に使われてきたこともあり、距離に不安はないだろう。

 このほか、今年に入って条件戦を連勝し、一気にオープン入り。前走のリステッドレースでは2着を確保したジョーダンキング(牡6歳、栗東・藤原英昭厩舎)や去年の暮れから条件戦を3連勝してオープン入りし、交流重賞のマーキュリーC(G3)で4着と好走したロードゴラッソ(牡4歳、栗東・藤岡健一厩舎)も侮れない存在だ。

 今後のダート戦線を占う意味でも注目の一戦。15:35発走予定だ。

【シリウスS(G3)展望】JRAダートの期待馬集結! タイムフライヤー再度ダート挑戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  3. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  5. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  6. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  7. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  8. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  9. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  10. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!