NEW

JRA川田将雅「世界のL.デットーリ来日」で崖っぷち!? “超一流エージェント”独占から、まさかの“珍客”乱入で「何らかの割を食う可能性は無視できない」

JRA川田将雅「世界のL.デットーリ来日」で崖っぷち!? 超一流エージェント独占から、まさかの珍客乱入で「何らかの割を食う可能性は無視できない」の画像1

 今秋、間違いなくG1戦線に“旋風”を巻き起こすと見られている外国人騎手。

 今年は「史上最高のラインナップ」といわれ、続々と来日を果たす来月以降に向け、騎乗仲介を行うエージェントたちの間では、世界トップレベルの“金のなる木”を巡ってし烈な争奪戦が繰り広げられているという。

 そんな中、最大の注目株だった世界女王エネイブルの主戦L.デットーリ騎手のエージェントが、競馬ブックの井上政行氏に決まった。

 今年もエネイブルの活躍だけでなく、英オークス(アナプルナ)、プリンスオブウェールズS(クリスタルオーシャン)、サンクルー大賞(コロネット)など世界の主要G1を勝ちまくっているデットーリ騎手。それだけに、日本での活躍はもちろん、ファンやメディアから大きな注目を浴びることは間違いないだろう。

 その一方、悲願の初リーディングに向け、大きな危機を迎えている騎手がいる。現在118勝を上げ、リーディングをひた走っている川田将雅騎手だ。

「実はデットーリ騎手を担当することになった井上氏は、川田騎手のエージェントです。

 質・量ともに、現役トップクラスの騎乗馬がリーディングの原動力になっている川田騎手ですが、これは本来なら『騎手3名+若手1名』を抱えられるエージェントが、井上氏は川田騎手1人に力を集中させていることも大きいと言われています。

 しかし、ここにデットーリ騎手がくれば、単純計算でも“力”は二分されます。ここまで二人三脚できた井上氏も、川田騎手のリーディングを望んでいると思いますが、デットーリほどの世界的名手を蔑ろにできるはずもないでしょうし、その間、川田騎手が何らかの割を食う可能性は無視できませんね」(関係者)

 この春まで井上氏は川田騎手の他にM.デムーロ騎手という超一流ジョッキーを抱えていたが、デムーロ騎手が待遇に不満を持ったことで両者の関係が決裂。デムーロ騎手は現在の大谷博毅氏に鞍替えし、井上氏は川田騎手1人を担当することとなった。

 それが今の川田騎手の好調ぶりを支えているという。しかし、そこに世界的名手であるデットーリ騎手が加われば、井上氏も相当な力を割くことになるというわけだ。

 ちなみにデットーリ騎手の来日は、凱旋門賞(G1)が終わった来月中頃が予定されている。短期免許の期間は約2カ月間となる見込みだ。

 現在、2位から猛追しているC.ルメール騎手とは8勝差。果たして、苦境を迎えるであろう川田騎手は逃げ切れるだろうか。初リーディングへの思いと意地に期待したい。

JRA川田将雅「世界のL.デットーリ来日」で崖っぷち!? “超一流エージェント”独占から、まさかの“珍客”乱入で「何らかの割を食う可能性は無視できない」のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  2. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  4. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  5. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  6. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!
  7. JRA川田将雅「オウンゴール」が呼んだ皮肉な結末、母馬への想いも明暗…復活のC.ルメール「来週イクイノックスで頑張ります」
  8. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  9. JRA【目黒記念(G2)展望】「落馬カラ馬」シルヴァーソニック×川田将雅VS「調教放馬」アリストテレス×武豊! アクシデント乗り越えた2頭が初顔合わせ!
  10. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇