NEW

JRAスプリンターズS(G1)はタワーオブロンドン外し「至高の少点数」勝負! 強力「現場ネタ」が導く「超伏兵」も紹介!!

「▲」は高松宮記念(G1)の2着馬セイウンコウセイ(牡6、美浦・上原博之厩舎)だ。

 2017年の高松宮記念を制しG1タイトルを獲得。今年の同レースでも12番人気の低評価を覆し2着と好走している実力馬だ。続くCBC賞(G3)でも、58キロのトップハンデを背負いながら3着を確保した。

前走のキーンランドCは6着に敗れたが、勝ち馬からの差は0.5秒。悲観する内容ではないだろう。昨年のスプリンターズSでは12着と大敗しているが「函館からの直行だったからね。8月に一度レースを挟んでいる今回は違う」と陣営からは自信が漂っている。

「稽古では軽快な動きを披露。『気合が乗っていい雰囲気。態勢は万全』と仕上がりの良さをアピールしている。中山コースの経験は少ないが『苦手意識はない』と強気だ。『好走を期待している』と一発を匂わすコメントが飛び出しているココは無視できないね」(競馬関係者)

「△」にはセントウルS(G2)2着馬ファンタジスト(牡3、栗東・梅田智之厩舎)を指名した。

JRAスプリンターズS(G1)はタワーオブロンドン外し「至高の少点数」勝負! 強力「現場ネタ」が導く「超伏兵」も紹介!!の画像2

 2歳時には小倉2歳S(G3)と京王杯2歳S(G2)で重賞を連勝。昨年のスプリングS(G2)でも2着と好走し、世代トップレベルの力があることを証明した。

 しかし皐月賞(G1)は13着、続くNHKマイルC(G1)も13着と大敗。距離短縮が好転すると思われた前々走の北九州記念(G3)も、14着と人気を裏切る結果となってしまうが……。

 叩き2戦目の前走のセントウルSで一変。先行策からコースレコード決着の2着と、復活を予感させる走りを披露した。この結果に陣営は「時計の速い決着にも対応できたのは収穫」と確かな手応えを掴んだ様子。「状態は更に良くなっている。今のデキなら楽しみ」と色気十分だ。

JRAスプリンターズS(G1)はタワーオブロンドン外し「至高の少点数」勝負! 強力「現場ネタ」が導く「超伏兵」も紹介!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  2. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  3. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  4. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  5. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  6. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  7. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  8. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと
  9. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」