NEW

パチンコ「不正行為」で“ボロ儲け”…… 絶対に許されない「悪質犯罪」の全貌とは【超パチスロ星人の本音コラム】

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチンコ「不正行為」でボロ儲け…… 絶対に許されない「悪質犯罪」の全貌とは【超パチスロ星人の本音コラム】の画像1

 三度の飯よりパチンコ、パチスロを愛するヘビーユーザー・北斗轟が業界をアツく語る本音コラム。今回は、業界内で蔓延るパチンコ店での「不正行為」について語りたいと思います。

 先日、勝率の高い設定のパチスロ機を教えたなどとして、元パチンコ店員の男とその友人を不正競争防止法違反(営業秘密の領得)の疑いで、仙台地検に書類送検されたことが明らかになりました。いずれも容疑を認めているようで、二人は共謀して約400万円以上の利益を不正に得ていたようです。

 パチンコ・パチスロを知らない方からすれば、「そもそも設定とは?」とその役割すらも理解していないでしょう。簡単に説明すると、パチスロには1~6段階の設定が存在しており、この数字が大きくなるほど大当りしやすくなります。パチンコ店側はその設定を変更することによって、利益を調整しているのです。

 無論、設定に関する情報の口外は厳禁であり、一般社員にすらも教えない秘密事項だと言われています。情報漏えい対策は何処のお店も万全を期していることでしょう。

 そのような状況下で発覚した今回の不正行為ですが、業界に精通しているユーザーからすれば特段珍しいことではないかと思います。実際、筆者の知人から同様の事件に巻き込まれそうになった、という話を聞いたことがあります。

 その手口は、ホールの店長さんと部外者のある組織が「グル」になって行なうというもの。

 まず、朝イチは入場抽選が行われますが、その抽選券をホール側が細工をし、優先的に入場できるようにします。

 無条件でトップバッターに立った実行者は、予め指定された機種へ着席。その機種には設定6、いわゆる最高設定が入っており、それを丸一日打つことが役目となります。

 この時点では、お店と共謀した単なるサクラ行為ですが、店ぐるみのサクラ行為は基本的に犯罪行為となりますので、そこは要注意。誘われても必ずお断りするか、あるいは警察に通報しましょう。結局、その知人も話を聞いた時点で丁重に断ったそうです。

 話を戻すと、実行者は日給で雇われることが多く報酬は10000円前後。時給換算で約800円と今の東京都でいえば「最低賃金以下」という、リスクに見合わない金額ですよね。

パチンコ「不正行為」で“ボロ儲け”…… 絶対に許されない「悪質犯罪」の全貌とは【超パチスロ星人の本音コラム】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!