NEW

JRAジョッキー「最後の聖域」は早朝出勤!? 「史上最強」外国人騎手“襲来”も世界の名手ならではの意外な「弱点」

JRAジョッキー「最後の聖域」は早朝出勤!? 「史上最強」外国人騎手襲来も世界の名手ならではの意外な「弱点」の画像1 今週末で9月も終わり、いよいよ10月から本格的な秋のG1戦線が幕を開ける。レースの賞金が収入源になるジョッキーたちにとっては、まさに「絶好の稼ぎ時」となるわけだが、今年は大きな希望は持てないのかもしれない。

 世界最強牝馬エネイブルの主戦L.デットーリ騎手に、世界主要G1を勝ちまくるC.スミヨン騎手、昨年ステルヴィオでマイルCS(G1)を勝ったW.ビュイック騎手、さらには同年の阪神JF(G1)を勝ったC.デムーロ騎手……。

 まだまだいる。今年の1月に一時はJRAのリーディングに立っていたO.マーフィー騎手、世界的な実績を誇るR.ムーア騎手やA.シュタルケ騎手……。これらすべてがこの秋、一挙に日本競馬への参戦を予定しているからだ。

 近年、国際化が著しい競馬界において、世界レベルの技術を持った外国人騎手の来日、そして活躍は珍しいものでもなくなった。しかし、今年は早くから「歴史上、最大の荒波に飲まれるかもしれない」などと言われ、迎え撃つJRA騎手からは小さからぬ“悲鳴”が漏れ始めている。

「昨秋は10月の秋華賞から12月の朝日杯フューチュリティSまで10週間連続で外国人騎手がG1を勝つという、まさに国際化が著しい今の時代を象徴するような出来事がありました。

その内、C.ルメール騎手やM.デムーロ騎手はJRAの騎手として活躍していますが、今年は彼らにとっても深刻な脅威となりそうな豪華ラインナップだけに、騎手同士の“生き残り合戦”はし烈を極めそうです」(競馬記者)

 特にG1などのビッグレースでは有力馬から「カタカナ騎手」で埋まっていくという。1頭や2頭なら、他の有力馬にも逆転の余地があるが、それらの馬にさえ世界的な外国人ジョッキーが乗る状況が生まれる以上、それ以下の伏兵となると、いよいよ馬券圏内を賑わすことさえ難しくなる。

 そうなると日本人騎手は賞金が大きく下がる、その他のレースで地道に頑張っていくしないのか……とはいえ、今年1月に短期免許の騎手ながら、断トツのリーディングに立っていたマーフィー騎手のような存在もいるだけに最早“聖域”は残っていないのかもしれない。

「実はマーフィー騎手が短期免許の騎手ながら、日本でリーディングに立てたことには理由があるんですよ。

JRAジョッキー「最後の聖域」は早朝出勤!? 「史上最強」外国人騎手“襲来”も世界の名手ならではの意外な「弱点」のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  7. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  8. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々