NEW

【京都大賞典(G2)展望】「三冠の血」覚醒グローリーヴェイズVS良血馬エアウィンザー! 横山典弘「これが本来のエタリオウ」復活へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 6日には、京都競馬場で伝統の京都大賞典(G2)が行われる。ここ数年はかつてほどの「王道感」が影を潜めているが、今年は秋のG1戦線を賑わす興味深いメンバーが集った印象だ。

「三冠」の血が、ついに本格化の時を迎えるか。中心は充実一途のグローリーヴェイズ(牡4歳、美浦・尾関和人厩舎)だ。

 3歳春からきさらぎ賞(G3)2着など、高い素質を感じさせていたが、クラシック初出走は秋の菊花賞(G1)だった。そこで12番人気の低評価を覆す5着に力走。確かな成長力を印象付けると、明け4歳となった今年1月の日経新春杯(G2)を制して、重賞初制覇を飾った。

 三冠を制した父ディープインパクトに、3代母には初代牝馬三冠馬メジロラモーヌの名が。底力溢れる良血馬の勢いは、G2制覇で止まらなかった。続く、天皇賞・春(G1)ではクビ差の2着。この秋、凱旋門賞(G1)に挑戦するフィエールマンをあと一歩まで追い詰めている。

 今回の京都芝2400mは日経新春杯を勝った舞台。本番は先になるが、ここを勝ってG1に王手をかけたい。鞍上は主戦のM.デムーロ騎手に戻る。

【京都大賞典(G2)展望】「三冠の血」覚醒グローリーヴェイズVS良血馬エアウィンザー! 横山典弘「これが本来のエタリオウ」復活への画像2

「最強の1勝馬」のまま終わるわけにはいかない。実績トップのエタリオウ(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)が巻き返しの秋に燃えている。

 フィエールマンにクビ差まで迫ったのがグローリーヴェイズなら、昨年の菊花賞でハナ差まで迫ったのがエタリオウだ。しかし、ここまで12戦して、わずか1勝。G1をいつ勝ってもおかしくない強豪だが、その反面勝ち切れないのが、この馬の最大の課題か。

 そんなエタリオウ陣営は前走の宝塚記念(G1)から、鞍上を横山典弘騎手にスイッチ。勝利への期待が高まったが、中団から伸びきれず9着に敗れている。だが、今回は休養を挟んでリフレッシュ。1週前追い切りでも軽快な動きを見せ、横山典騎手も「これが本来のエタリオウなんじゃないかな。躍動感があった」と手応えを感じているようだ。

【京都大賞典(G2)展望】「三冠の血」覚醒グローリーヴェイズVS良血馬エアウィンザー! 横山典弘「これが本来のエタリオウ」復活へのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!