NEW

JRAスプリンターズS(G1)タワーオブロンドン完勝に「世界最強」ゴドルフィンもご満悦!? 絶対王者から新王者へ受け継がれた「スプリント王」の系譜

JRAスプリンターズS(G1)タワーオブロンドン完勝に「世界最強」ゴドルフィンもご満悦!? 絶対王者から新王者へ受け継がれた「スプリント王」の系譜の画像1

 

 29日、中山競馬場で秋G1開幕戦スプリンターズS(G1)が行われ、2番人気のタワーオブロンドン(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎) が優勝。サマースプリントを制した夏の王者が、そのまま秋の王者に輝いた。

 前年比140%の3万2495人と大観衆がつめかけた今年の中山競馬場。その熱気に応える熱いレースが展開された。

 16頭立てで行われた芝1200m戦。待望のG1初制覇へモズスーパーフレアがロケットスタートを切ると、戦前の予想通り、そのままハナへ。それをこちらも逃げたいマルターズアポジーが追い、外枠から好位を獲りたいイベリスやファンタジストらも積極的に前へ行った。

 今回際の中山は前が止まらない馬場状態。それもあって各馬が前々を意識し、前半の600mは32.7秒という激流。ただ、モズスーパーフレアは同じ中山1200mのオーシャンS(G3)を32.3秒の流れで逃げ切っており、この馬にとっては絶好の展開だったはずだ。

 それにいち早く反応したのが、春のスプリント王ミスターメロディに騎乗している福永祐一騎手だった。勝負所から早めに進出を開始し、逃げるモズスーパーフレアを捉まえに行く。それに各馬が反応し、レースはG1らしい厳しい流れになった。

 最後の直線を迎え、ミスターメロディを振り切って逃げ粘るモズスーパーフレア。しかし、ゴール前でタワーオブロンドンが襲い掛かり、半馬身捉えたところがゴールだった。

「とても嬉しいです!」

 本来、桜花賞馬グランアレグリアで参戦するはずだった鞍上のC.ルメール騎手だったが、同馬が回避を表明。タワーオブロンドンには当初、浜中俊騎手が騎乗するはずだったが、急遽の乗り替わって挑んだレースだけに結果を残せて一息といったところか。

「中山は時計が速く、後ろのポジションだと大変なので、ちょっと心配していたけど、直線で伸びてゴールまで頑張ってくれました。能力がたいへんある馬で、スプリント戦でだんだん強くなってきた」と相棒を絶賛した。

JRAスプリンターズS(G1)タワーオブロンドン完勝に「世界最強」ゴドルフィンもご満悦!? 絶対王者から新王者へ受け継がれた「スプリント王」の系譜のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  6. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか