NEW

【凱旋門賞(G1)展望】女王エネイブルに「世界最強」包囲網!? 調教師フィエールマンら日本勢より6頭出しライバルに「危険な存在」

【凱旋門賞(G1)展望】世界女王エネイブルに包囲網!? 調教師フィエールマンら日本勢よりも、世界最強厩舎6頭出しに「危険な存在」の画像1
エネイブル(競馬つらつらより)

 今年も世界の頂点に挑戦する季節がやってきた。10月6日には、フランスのパリロンシャン競馬場で世界最高峰の一戦・凱旋門賞(G1)が行われる。

 凱旋門賞制覇を悲願に掲げる日本からは、今年の天皇賞・春(G1)を勝ったフィエールマン、昨年の有馬記念(G1)の勝ち馬ブラストワンピース。そして、レースのペースを握りそうなキセキの3頭が挑戦する。今年は積極的な海外遠征が目立っている日本競馬、今回こそ悲願達成なるか。

 だが、凱旋門賞は日本一ではなく、世界一を決める一戦。各国からトップクラスの強豪が集結する。筆頭は、このレースを連覇中の世界女王エネイブル(牝5歳、英・J.ゴスデン厩舎)だ。

 凱旋門賞連覇という偉業だけでなく、2017年の5月から目下12連勝中。世界規模で見ても、間違いなく歴史的名馬といえるエネイブル。今年も7月のエクリプスS(G1)で復帰戦を迎えると、キングジョージ6世&QES(G1)、ヨークシャーオークス(G1)と危なげなく3連勝。3連覇が懸かる凱旋門賞では、各国のブックメーカーが単勝1倍台を示しており、まさに大本命といえる存在だろう。

 しかし、管理するゴスデン調教師は「オッズはライバルの強さを反映していない」と、あくまで冷静だ。昨年の欧州年度代表馬ロアリングライオンや、今年の3歳牝馬No.1のスターキャッチャーなども管理する世界的名伯楽だけに気負いはまったくないと言って良いだろう。

 そんなゴスデン調教師が「危険な存在」と語るのが、英インターナショナルS(G1)で当時の世界No.1ホース・クリスタルオーシャンを破った3歳馬のジャパン(牡3歳、愛・A.オブライエン厩舎)だ。

 今年の英ダービー(G1)こそ半馬身差の3着に敗れたが、その後に本格化。キングエドワード7世S(G2)で重賞初制覇を飾ると、パリ大賞(G1)でG1初制覇。そして、前走の英インターナショナルSでは、最後の直線で驚異的な伸びを見せて世界No.1を撃破。この走りにはゴスデン調教師も「彼の瞬発力は印象的だった」と警戒を強めている。

 またオブライエン厩舎からは、他にも愛チャンピオンS(G1)で日本のディアドラ以下を破ったマジカル、前哨戦のフォワ賞(G2)でキセキを破って連覇を達成したヴァルトガイスト、英ダービーを勝ったアンソニーヴァンダイクなど6頭がエントリー。

 欧州競馬では同厩舎による連携プレーが暗黙の了解で認められており、世界最強厩舎による“エネイブル包囲網”が着々と進んでいると見ていいだろう。

【凱旋門賞(G1)展望】女王エネイブルに「世界最強」包囲網!? 調教師フィエールマンら日本勢より6頭出しライバルに「危険な存在」のページです。GJは、競馬、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声