NEW

山下智久「退所説」再び強まる…… 超異例の「海外契約」認可するジャニーズの実情

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 関ジャニ∞・錦戸亮のジャニーズ退所、来年末には国民的アイドルグループ・嵐が活動休止予定と、かつての勢いを失いつつあるジャニーズ

 TOKIOの長瀬智也も「事務所を離れる日が近いのでは」などと噂されており、長瀬自身が「事務所に直談判」していること、またグループの「存続自体」に感情が揺れ動いていることも以前報じられていた。

 未成年女性へのわいせつ行為で芸能界を引退した元メンバー山口達也の影響で、音楽活動休止中のTOKIO。長瀬といえば、音楽に対して熱意のある人物で知られるだけに、いよいよ我慢の限界なのかもしれない。

 そんななか、NEWSの元メンバーで、2011年10月からはソロとして活動中の“山P”こと山下智久にも独立、つまりは「退所」のウワサが囁かれている。

「アメリカの業界誌『Variety』が今月20日、山下さんが映画製作などを手掛けるエンタメ企業『Overbrook Entertainment』との契約にサインしたと報じています。

同企業はあのハリウッドスター・ウィル・スミスが立ち上げた事務所で知られ、山下さんと“友人関係”であることはファンの間で有名。山下さんのSNS上にはツーショット写真もアップしています」(記者)

 今年6月、日欧共同制作のドラマ『THE HEAD』の主要キャストに抜擢された山下。来春に世界30カ国以上で配信・放送予定、日本では『Hulu』で配信される予定だ。

 また、同ドラマの国際取材会では“通訳なし”で参加し流暢な英語を披露。番組関係者からは「勤勉でチャレンジ精神にあふれた俳優」「また一緒に仕事をしたい」と山下を絶賛するなど、早くも大きな期待が寄せられている。

 以前から話題に上がっていた山下の「世界進出」。それが現実味を帯び始めているわけだが、国外とはいえ海外事務所との契約は果たしてジャニーズはどう考えているのか。仮に事実であれば、このような事例はジャニーズ“初”に違いないが……。

 それを許してしまうほど、ジャニーズはいま追い込まれているのかもしれない。

 

山下智久「退所説」再び強まる…… 超異例の「海外契約」認可するジャニーズの実情のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事