NEW

【サウジアラビアRC展望】「因縁の対決」サリオスVSアブソルティスモ再び! グランアレグリア、ダノンプレミアムに続く「大器」出現!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【サウジアラビアRC展望】「因縁の対決」サリオスVSアブソルティスモ再び! グランアレグリア、ダノンプレミアムに続く「大器」出現!?の画像1

 10月5日(土)に東京競馬場で2歳馬の重賞・サウジアラビアRC(G3)が開催される。昨年は今年の桜花賞馬グランアレグリアが勝利し、一昨年はこのレースをステップにダノンプレミアムが朝日杯FS(G1)を制覇しているなど、2歳馬たちの今後を占う重要な一戦となるレースだ。

 今年は登録馬が9頭と小頭数になっているが、2歳馬の精鋭がそろった。

 人気を集めそうなのがサリオス(牡2歳、美浦・堀宜行厩舎)だ。父・ハーツクライ、母は独オークス(G1)を制覇したサロミナという血統で、半姉にローズS(G2)、エプソムC(G2)を2着したサラキアがいる。

 新馬戦では2番人気だったものの、好位から抜け出すレース運びで上がり最速の33.1秒をマーク。2着とは2馬身差だったが、3着以下は大きく離れた7馬身差をつけて圧勝している。

 1週前追い切りでは南ウッドチップコースで5F69.7-54.3-39.7-12.4秒をマーク。順調に調整が進んでいる。鞍上は石橋脩騎手を予定。

 ダービー、天皇賞(秋)を制しているレイデオロの半弟という良血馬、アブソルティスモ(牡2歳、美浦・藤沢和雄厩舎)も人気を集めそうな1頭だ。父がダイワメジャーに替わり、マイルから中距離に向く血統構成となった。

 新馬戦ではサリオスに2馬身差をつけられ完敗。1番人気を背負った未勝利戦では中団を進み、前で粘る馬をゴール前ハナ差交わして勝利をものにした。

 1週前は坂路コースで追われ、4F53.0-38.2-24.2-12.1秒と好時計をマーク。鞍上は前2戦はC.ルメール騎手だったが、戸崎圭太騎手への乗り替わりが予定されている。

 新馬戦を強い勝ち方で勝ち上がったロードエクスプレス(牡2歳、栗東・坂口智康厩舎)も見逃せない。父・キンシャサノキセキ、母・クインズラッシュという血統。

 新馬戦では終始前目でレースを運び、直線では後続の追撃を振り切り、上がり最速の35.4秒で2着に3馬身半をつける圧勝劇を演じた。

 新馬戦で強い勝ち方をしたと言えば、ハーツクライ産駒のクラヴァシュドール(牝2歳、栗東・中内田充正厩舎)や未勝利戦で上がり33.9秒の鋭い末脚を使って、2着に3馬身半差をつけて勝ち上がったロードカナロア産駒のエンジェルサークル(牝2歳、美浦・中川公成厩舎)などにも注目したい。

 また、父・ワールドエース、母・ピーチフィズという地味な血統ながら、新馬戦ではスタートで不利を受けながら後方から上がり最速をマークして2着、未勝利戦ではテンから逃げて2着に1馬身半つけて逃げ切るなど自在の脚を使えるジェラペッシュ(牝2歳、美浦・尾崎知人厩舎)も侮れない存在だ。

 2歳重賞戦線の今後を占う一戦、5日15:45発走予定だ。

【サウジアラビアRC展望】「因縁の対決」サリオスVSアブソルティスモ再び! グランアレグリア、ダノンプレミアムに続く「大器」出現!?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!