NEW

ダノンファンタジーは大丈夫?JRA秋華賞【発走1時間前ギリギリの最新情報を発信!】 情報は鮮度が一番!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダノンファンタジーは大丈夫?JRA秋華賞【発走1時間前ギリギリの最新情報を発信!】 情報は鮮度が一番!の画像1
今週の秋華賞を的中させるために必要なのは?

 スプリンターズステークス、凱旋門賞とビッグレースが立て続けに行われ、さらに秋の天皇賞やジャパンカップの前哨戦となる毎日王冠や京都大賞典も終了し、秋競馬は大きな盛り上がりを見せている。しかし今週からは3週連続で重要なG1レースが続く、その第一弾は3歳牝馬限定の第24回秋華賞(G1)である。

 秋華賞と言えば昨年はアーモンドアイが優勝し、年度代表馬への足掛かりとした一戦。過去にはジェンティルドンナ、アパパネ、ディアドラ、ヴィブロスなどが勝利し、さらに三連単で1000万馬券を筆頭に数多くの高額万馬券が飛び出すなど、秋競馬屈指の難解なレースとして知られている。

 今年は桜花賞グランアレグリア、優駿牝馬(オークス)馬ラヴズオンリーユーといった実績馬が不在。大将格は昨年の2歳女王ダノンファンタジーも、2000mの距離に不安を抱えており、さらに桜花賞、安田記念、スプリンターズSなど、G1レースで結果が出ていないダノン&川田将雅というコンビもまた、不安材料の一つ。一方、絶対的とは言えない大将の首を狙う面々は多士済々であり、魅力的なのも今年の秋華賞。武豊のシェーングランツやルメールのコントラチェック、さらにパッシングスルー、エスポワール、サトノダムゼル、クロノジェネシスやシゲルピンクダイヤなど、どの馬が牝馬3冠を締めくくっても驚けない一戦だ。

 一般的に競馬予想において重要な要素は何だろうか。データや情報そしてプロの視点など様々な見方があるだろう。なんといっても競馬は生き物であるサラブレッドと、人である騎手による共同作業。両者のメンタルや体調はもちろん、天候や馬場状態など様々な要素が複雑に絡み合う独特の世界だ。

 競馬ファンにとってお馴染みなのは、スポーツ紙や競馬専門紙。レース前日に発売されるのだが、これは印刷時間を考慮してレースの前日ではなく、木曜ぐらいに各記者は予想を立てていると言う。前日の枠順発表後の予想では、制作と印刷や輸送などが間に合わないからだ。つまりそういった予想は当日の馬場状態や枠順、さらに天候といった競馬予想において重要な要素が欠如しており、不確定要素に溢れた状態なのである。その予想にお金を払って購入し、その不確定予想を参考に馬券を購入するのは、かなりリスクのある選択だろう。

 特に近代競馬は枠順の恩恵や馬場の影響を非常に受けやすい。春先の東京芝コースで、内枠の馬が多く好走して批判されたのもその一例だ。そのため、枠順や当日の馬場傾向は是が非でも抑えるべき要素なのである。

 そういった意味でも競馬予想において理想的なのは、レース直前の様々な傾向を反映させたギリギリの結論であることに異論はあるまい。馬場状態、展開と傾向、枠順、騎手の勢い、そして種牡馬の傾向など様々な要素がレース当日に加味されるのだから、それを無視せず適切な分析で予想することがベストだ。しかし多くの人はそこまで時間はないだろうし、その分析力に自信があるともいえないだろう。そこで活用したいのが「競馬JAPANの重賞無料配信」だ。

「日本一遅い、だから情報が新鮮」

 をモットーとする競馬JAPANの重賞本命馬配信は、前述した理想に最も近いといっていいだろう。レース当日の様々な要素を徹底的に分析し、重賞レースの発走1時間前にその結論となる情報を無料で配信してくれるのだ。これほど便利で有効的なものはない。

ダノンファンタジーは大丈夫?JRA秋華賞【発走1時間前ギリギリの最新情報を発信!】 情報は鮮度が一番!の画像2
異色の予想家、境和樹氏

 この競馬JAPANは、各メディアで活躍する水上学(テレビ・ラジオ出演)、上田琢巳(大スポ在籍)、今川秀樹(東スポコラム執筆)、境和樹(ラジオ日本出演)などが在籍する、新世代の競馬予想サイト。新聞では実現できない、WEBサービスの基本となる速報性の高い情報配信できることが他媒体にない強みだ。

 彼らのオリジナルコンテンツを筆頭に、各著名人による競馬コラムや競馬のデータベース、さらにyoutubuなどの動画配信やWEB新聞など、ありとあらゆる要素が詰まっており、競馬ファンは飽きることなくサイトを楽しめるだろう。中でも人気を集めるのは、異色の経歴を持つ二人の血統評論家が提供する「血統スナイパー境和樹の穴馬券ネオメソッド」と「水上学の爆弾穴馬3頭」だ。

 境和樹は合格者2%と狭き門の司法書士試験に合格した経歴を持ちながら、「競馬の方が稼げる」として血統評論家の道を選んだ異色の予想家。彼の提唱する穴馬券ネオメソッドは、数々のレースで激走した穴馬を見抜き、多くの競馬ファンから支持を集めている。

 水上学は東京大学を卒業した頭脳を持ちながら、こちらも血統評論家として競馬の道を選んだ異色の予想家。競馬界屈指のIQは他の追随を許さず、ラジオやイベントなどに引っ張りだこ。そしてその血統理論と穴馬を見つけ出す眼力もまた、多くの競馬ファンを惹きつけてやまない。

ダノンファンタジーは大丈夫?JRA秋華賞【発走1時間前ギリギリの最新情報を発信!】 情報は鮮度が一番!の画像3
競馬界屈指のIQを持つ水上学氏

 この秋競馬でも、二人は数多くのレースで実績をあげており、競馬JAPANを引っ張るツートップ状態だ。なお、両者ともYouTubeでの動画配信(当週の重賞注目馬紹介)も行っており、サイトのコンテンツ内では動画とともに両名の重賞注目馬をチェックできるので便利だ。

 さらに東京スポーツにコラムを寄稿している今川秀樹の予想力もハンパではない。9月21日中山10Rで提供した「今川秀樹のプレミアム予想」では、卓越した理論を披露し3連単7万890円、馬連4650円という高配当馬券を的中。多くのユーザーから喝さいを浴びた。

 そんな至高の予想家達の本気予想が見られる競馬JAPANは、ほとんどのコンテンツが無料で利用できる。そして何よりも、日本一遅いことで可能となった、鮮度と精度の高い情報は、まさに競馬ファンにとって必見のもの。

 今週行われる秋華賞は、当日の傾向に大きく左右される京都内回り2000mという条件。こういったレースこそ、競馬JAPANのコンセプトであるギリギリまでのレース分析が重要といえるだろう。今まで手抜きの予想で何となく馬券を買っていた人も、手間をかけて予想しても結果が出なかった人にとっても、この競馬JAPANが提供する秋華賞の無料情報は必見。予想に費やしていた時間を有効に使えるようになるのだから、これを利用しない手はない。そして来週以降の菊花賞や天皇賞(秋)に向けても、今から競馬JAPANをしっかり活用しておくことも合わせてオススメしたい。


CLICK→無料配信!【日本一遅いギリギリまでのレース分析 秋華賞】競馬JAPAN

※本稿はPR記事です。

ダノンファンタジーは大丈夫?JRA秋華賞【発走1時間前ギリギリの最新情報を発信!】 情報は鮮度が一番!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!