NEW

【秋華賞(G1)展望】JRAダノンファンタジー中心も「波乱アリ」? 春の実績馬が雪辱を期すも3歳牝馬最後の1冠は誰の手に

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【秋華賞(G1)展望】JRAダノンファンタジー中心も「波乱アリ」? 春の実績馬が雪辱を期すも3歳牝馬最後の1冠は誰の手にの画像1

 10月13日(日)は京都競馬場で3歳牝馬3冠レースの最終戦、秋華賞(G1)が開催される。

 昨年はアーモンドアイが秋華賞を制し、牝馬3冠を達成したが、今年は一転して桜花賞馬、オークス馬のどちらも不在で混戦模様となっている。

 その中でまず注目したいのが、昨年の2歳女王でメンバー中唯一のG1馬となるダノンファンタジー(牝3歳、栗東・中内田充正厩舎)だ。春は桜花賞トライアルのチューリップ賞(G2)を快勝。桜花賞(G1)では1番人気に推されながらも4着に終わり、続くオークス(G1)も5着と辛うじて掲示板を確保したという結果に終わった。

 この秋は秋華賞トライアルのローズS(G2)から始動。上がり最速の脚を使って順当に勝利した。秋華賞へは万全の態勢で臨む。

【秋華賞(G1)展望】JRAダノンファンタジー中心も「波乱アリ」? 春の実績馬が雪辱を期すも3歳牝馬最後の1冠は誰の手にの画像2

 

 春の実績馬と言えばクロノジェネシス(牝3歳、栗東・斉藤崇史厩舎)も見逃せない。2歳時は阪神ジュベナイルF(G1)で2着。3歳始動戦のクイーンC(G3)を勝利してクラシックへ直行し、桜花賞、オークスともに3着となった。

 秋華賞へはステップレースを使わず直行で挑むが、春のクイーンCから桜花賞も2か月のブランクがあったように、間隔を開けて使っても好走できるタイプと言える。

【秋華賞(G1)展望】JRAダノンファンタジー中心も「波乱アリ」? 春の実績馬が雪辱を期すも3歳牝馬最後の1冠は誰の手にの画像3

 コントラチェック(牝3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)にも注目したい。2歳シーズンは[1.1.1.0]と馬券圏内に入る堅実な走りを見せていたが、3歳初戦の菜の花賞(500万下)を圧勝。勢いに乗ってフラワーC(G3)でも2着に2馬身半差をつけて連勝、初重賞を飾った。

 桜花賞には間に合わず、オークスでも3番人気に推されながらも9着といいところなく終わってしまったが、これで底を見せたわけではないだろう。クロノジェネシスと同じく、秋華賞へは直行するが、この馬も間隔が空いていても好走できるタイプなので、夏を越しての成長を期待できるだろう。

 春に実績を残せなかったが、夏から調子を上げてきた馬にパッシングスルー(牝3歳、美浦・黒岩陽一厩舎)がいる。

 2歳新馬戦を勝ったあと、春はシンザン記念(G3)、フローラS(G2)と格上挑戦した結果、どちらも4着。夏に条件戦を勝ちあがって、秋華賞トライアルの紫苑S(G3)をしのぎきって重賞初制覇、秋華賞への切符をものにした。

【秋華賞(G1)展望】JRAダノンファンタジー中心も「波乱アリ」? 春の実績馬が雪辱を期すも3歳牝馬最後の1冠は誰の手にのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!