NEW

パチスロライターの「もう1つの顔」……根底は楽しさにある!!【濱マモルの のほほんコラムVol.14~遊びにまじめ~】

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチスロライターの「もう1つの顔」……根底は楽しさにある!!【濱マモルの のほほんコラムVol.14~遊びにまじめ~】の画像1


タカハシ」というバンドを組んでいる。

 メンバーはパチスロライターの「みそちゃん」と「みのりん」、パチスロ雑誌編集者の「モザイクZ」、学生時代の友人である「イイジマン」と「キング」、巨乳まんだら王国。でダンサーを務める「ラオ少佐」、アタシの計8人で、「かおりっきぃ☆」が総監督という立ち位置にいる。

 当初はみそちゃんとのノリだった。アタシとみそちゃんが愛するガーリックボーイズのコピーバンドでもやろうかと始めたのだが、過去に年間100本以上のライブをこなしていたガチバンドマン・ラオ少佐が加わったことで方向性が変化。

 ならばと音楽プロデューサーとして名をはせるイイジマン、キングを加えて本格的に活動しようとなったわけだ。

 現在、ミニアルバムとフルアルバムをリリース。北は札幌、西は福岡まで行脚して、主催イベントも定期的に開催している。嫁さんからは「いい歳して遊んでばっかり」と言われ、子供たちからも遊んで暮らしていると思われているが、ちょいとばかりニュアンスが違う。

 我々は「真剣」に遊んでいるのである。

 もちろん、こうして活動を続けていられるのは音源やグッズを買ってくださり、ライブハウスに足を運んでくださるお客さんのお陰。ほとんどのお客さんがみのりん目当てということは百も承知だが、それでも我々は真剣に遊び、誰よりも楽しむ。

 なぜなら、自分たちが楽しんでいないと、お客さんにも楽しんでもらえないだろうと考えているからだ。

 これは、本業であるパチスロ関連業務についても同じことがいえる。パチスロでの最大目標は、言うまでもなく勝利である。

 赤字続きであったら、それこそバンドと同じく活動停止、あるいは引退を余儀なくされるが、根底は楽しさにあるとアタシは考えている。

パチスロライターの「もう1つの顔」……根底は楽しさにある!!【濱マモルの のほほんコラムVol.14~遊びにまじめ~】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!