NEW

JRA藤田菜七子「新潟は得意とは思っていません」発言も「1日4勝」大爆発!自身初の“リーディング”獲得に意欲

【この記事のキーワード】, ,

JRA藤田菜七子「新潟は得意とは思っていません」発言も「1日4勝」大爆発!自身初のリーディング獲得に意欲の画像1

 

 5日、新潟競馬開幕に参戦した藤田菜七子騎手が自身初となる1日4勝を達成。今週2日に重賞初制覇を飾るなど、成長著しい競馬界のヒロインが、相性の良い新潟で早くも存在感を見せつけている。

 菜七子が止まらない。この日、8鞍に騎乗した藤田菜七子騎手だが、まずは5レースだ。2番人気のクリスタルアワードに騎乗した菜七子騎手は、好スタートを決めると逃げ馬直後の2番手をキープ。最後の直線であっさりと抜け出すと、4週連続勝利をあっさりと飾った。

 さらに7レースでも2番人気のキクノフェリックスに騎乗した藤田菜七子騎手は、最後の直線で“勝ちパターン”の大外一気。あっという間に突き抜けると、後続を3馬身半突き放す圧勝劇だった。

 勢いは、さらに加速する。続く8レースでも2番人気のシーオブザムーンに騎乗した藤田菜七子騎手は後方からレースを進めると、最後の直線でまたも大外一気。新潟外回りの長い直線をフルに活かしたスパートで、ライバルたちをごぼう抜きにした。

 自身初の3連勝も徹底した“勝ちパターン”だった。2番人気のパリテソーロに騎乗した藤田菜七子騎手は、5レースと同じように好スタートから逃げ馬の逃げ馬直後の2番手をキープ。最後の直線であっさりと抜け出し、この日4勝目を飾った。

「最近の菜七子騎手は短距離なら前に行っての粘り込み、長い距離ならじっくり行っての大外一気と“勝ちパターン”が確立してきた印象です。

この日の4勝も然ることながら、それ以上にすべて2番人気の馬で達成したことが大きい。

上位人気の馬に乗ることがまず大事ですし、そこでしっかり結果を残したことで次の騎乗に繋がります。一流騎手といえるハイレベルなサイクルに入っていると思いますし、今後ますます勝ち星を伸ばすことでしょう」(競馬記者)

 また、藤田菜七子騎手はこの日の4勝で新潟の年間リーディング首位に浮上。2位の戸崎圭太騎手と比較して、今後も新潟で騎乗することが多いだけに“タイトル”ゲットの可能性も十分にありそうだ。

「新潟は得意とは思っていませんが、たくさん勝たせてもらっています。リーディングを獲れる立場にいるので、そこは意識をして、一戦一戦大事に乗りたいと思います」

『スポニチ』の取材にそう答えた藤田菜七子騎手だが、この日の4勝で今年新潟で15勝目と、34勝の内の半数近くを新潟で記録。勢いは今後ますます加速しそうだ。

JRA藤田菜七子「新潟は得意とは思っていません」発言も「1日4勝」大爆発!自身初の“リーディング”獲得に意欲のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  2. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  9. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  10. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!