NEW

JRA「距離誤認」山田敬士騎手またも“悪夢”……前代未聞の「やらかしレース」1年ぶり騎乗で結果は「まさか」の……

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA「距離誤認」山田敬士騎手に悪夢再来!? 前代未聞の「やからしレース」1年ぶり騎乗で結果は……の画像1

 6日、2年目の山田敬士騎手が1年ぶりに“因縁”の新潟ダート2500m戦に挑んだのだが……。

 騎乗したのはスズヨブラック。しかし、ゲート内で暴れてしまい発走除外……山田騎手の約1年ぶりのリベンジは、まさかの形で保留となってしまった。

 昨年10月、「距離誤認」という前代未聞のミスにより「新人・山田敬士」の名は一気に全国へ広がった。

 ペイシャエリートに騎乗した山田騎手は、好スタートを決めると後続を離す形の逃げ。レースは特に大きな動きもなく、第4コーナーを回って直線を迎えた。先頭に立っていたペイシャエリートはスパートを開始し、後続をグングン引き離していく。山田騎手も1発、2発、3発と相棒に檄を送り、必死に追い続けた。そのまま2番手の馬に3馬身以上の差をつけてゴール板を通過。

 山田騎手にとって待望の8勝目が転がり込んだ……と思われたのだが。

「このレースはダート2500m戦ということでトラックを2週しなければなりませんでしたが、山田騎手は1週目の直線でスパート……。完全に距離を認識し間違えているようで、ゴール板通過後は手綱を緩めてコーナーを大回りしてしまいました。

しかし、周りの馬たちがまだコーナーをぴったり回っているのを見て、山田騎手が距離を間違えたことに気付いたのが、向正面に入る手前。バツが悪そうに隊列に戻りましたが、すでに力を使い切っていたペイシャエリートは、前の馬から5馬身差の最下位に敗れてしまいました」(競馬記者)

 レース後、検量室では多くの騎手がリプレーを見て笑っていたそうですが、引き上げてきた山田騎手の顔面は蒼白だったという。件を重大に受け止めたJRAは山田騎手に対して即日騎乗停止という異例の処置。約3カ月の停止という厳しい制裁となった。

 その後、ペイシャエリートのオーナー北所直人氏のもとに小桧山調教師と謝罪に行き、オーナーから『こちらも乗れると思って乗ってもらっているし、君だったらトップジョッキーになれるから。これからも応援するから頑張ってくれ』との言葉をかけられるなど、周囲の理解もあって今年1月から騎乗再開。

 今年はまだ6勝と昨年よりも苦戦している印象。山田騎手としても特別な思いを持って挑んだはずだったが、無念の競走除外となってしまった。

JRA「距離誤認」山田敬士騎手またも“悪夢”……前代未聞の「やらかしレース」1年ぶり騎乗で結果は「まさか」の……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!